Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】缶はペットボトルやびんより二酸化炭素排出量が少ない。米国アルミ協会調べ 2016/08/25 最新ニュース

alminium-can

 米国アルミニウム協会は8月3日、飲料用ガラスびんや缶が輸送や冷蔵保管によって排出する二酸化炭素排出量の比較調査を行ったところ、アルミニウム缶による排出量は、ガラスびんやペットボトルに比べ少ないとする研究結果を発表した。調査は米国アルミニウム協会からコンサルティング会社のICFインターナショナルに委託し実施された。今回の調査からは、原材料の調達やビン・缶の製造過程で排出された二酸化炭素に関しては対象としていない。

 比較調査は、アルミニウム缶、ガラスびん、ペットボトルそれぞれについて、飲料1リットルを輸送・冷蔵保管するために排出された二酸化炭素量の比較と、それぞれ3つの素材の標準サイズの容器を輸送・冷蔵保管した際の比較の2つのパターンで行われた。

Beer Comparison Chart
Soda Comparison
(出所)米国アルミニウム協会

 1リットル当たりの輸送・冷蔵保管では、アルミニウム缶の二酸化炭素排出量は、ペットボトルに比べ7%から21%、ガラスびんに比べ35%から49%少ないことがわかった。容器容量単位比較では、アルミニウム缶12オンスでの二酸化炭素排出量は、ペットボトル20オンスに比べ49%少なく、ガラスびんに比べ45%少ないことが明らかとなった。

 工程別の分析ででは、輸送においては、アルミニウム缶は、容器容量単位ではアルミニウム缶はガラスびんに比べ、空間効率が良く軽いため二酸化炭素排出量が少なかった。冷蔵保管の過程でも、アルミニウム缶は空間効率が良いため、ガラスびんやペットボトルより排出量が少なかった。

【参照ページ】Aluminum Cans Carry Lower Carbon Footprint than Glass or Plastic Equivalents in Beverage Transportation and Refrigeration, Finds New Study 

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る