【エチオピア】廃棄物火力発電「Reppie」、商業運転開始。毎日1,400tのごみ焼却 2018/08/26 最新ニュース

 エチオピアのムラトゥ・テショメ大統領は8月20日、廃棄物火力発電所「Reppie Waste-to-Energy Project」の開所式を実施した。同発電所はコシェのごみ埋立地で2014年に建設を開始。完成すると毎日1,400tの固形廃棄物を焼却して発電を行う。

 コシェのごみ埋立地は36ヘクタールと広大。首都アジスアベバ地域から毎日4,000tのごみが集積。すでにごみ山の高さは40mにもなっており、2017年にはごみ山の一部が崩落し、114人が死亡した。廃棄物火力発電所はアジスアベバの約30%世帯の電力をカバーできるという。

 同プロジェクトは、エチオピア政府と海外企業のコンソーシアムがパートナシップを組み運営。参加企業は、シンガポールのCambridge Industries、デンマークRamboll、中国電力工程(China National Electric Engineering)の3社。

 同発電所は、EU基準での大気排出基準を備えている。テショメ大統領は2025年までに環境に配慮した中低所得国になるとの政策を掲げている。

[2018年8月22日訂正]
同建設所の運転開始日を訂正。

【プロジェクト】Reppie Waste-to-Energy Project

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る