【アメリカ】米国のESG投資額は2018年までの過去2年で38%増加。USSIFレポート 2018/11/06 最新ニュース

 米ESG推進団体USSIFは10月31日、米国のESG投資金額をまとめた2018年度の報告書を発表した。USSIFは2年毎に同報告書を発表している。米国でのESG投資額は、2016年の8.7兆米ドル(約980兆円)から38%増え、12.0兆米ドル(約1,360兆円)となった。運用資産全体に占める割合は約25%。

 USSIFは、ESG投資手法を2に分けて集計している。投資意思決定にESG要素を考慮する「ESGインコーポレーション」では、機関投資家向けが8.6兆米ドル(約974兆円)、個人投資家向けが3.0兆米ドル(約340兆円)で機関投資家向けが圧倒的に多い。もう1つの手法「株主決議」では、機関投資家向けが1.6兆米ドルで個人投資家向けが0.2兆米ドルで、ESGインコーポレーションが多数を占めたことがわかる。両方を用いているオーバーラップは、1.4兆米ドルだった。

 投資意思決定で考慮されているESG要素では、多い順に、気候変動(3兆米ドル)、たばこ(2.89兆米ドル)、紛争リスク(2.26兆米ドル)、人権(2.22兆米ドル)、透明性・腐敗防止(2.22兆米ドル)。伸び率では、たばこが最も高く5.32倍に増加。気候変動も2.1倍、人権も2.7倍に伸びた。

 株主提案では、2017年は「企業の政治活動」「環境・気候変動」が最も多い。他にも、「人権・雇用の機会均等」「経営陣報酬」が多かった。

【参照ページ】US SIF Foundation Releases 2018 Biennial Report On US Sustainable, Responsible And Impact Investing Trends
【報告書】Report on US Sustainable, Responsible and Impact Investing Trends 2018, Summary

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る