【アメリカ】ニューヨーク州、2020年3月から小売店での使い捨てビニール袋提供禁止 2019/04/04 最新ニュース

【アメリカ】ニューヨーク州、2020年3月から小売店での使い捨てビニール袋提供禁止 1
 
 米ニューヨーク州議会は3月31日、生分解性でない使い捨てビニール袋を小売店が提供することを2020年3月から禁止する州法が成立したと発表した。アンドリュー・クオモ同州知事が2018年に提案していた。米国ではすでにカリフォルニア州が同様に使い捨てビニール袋の提供を州法で禁止。ハワイ州では、州内の全ての郡で同様の条例が誕生おり、ニューヨーク州が3州目となった。

 今回の州法では、使い捨てビニール袋を禁止したけでなく、各郡に対し紙袋に5セント(約6円)を有料課金する権限も付与した。5セントのうち3セントは州政府の環境保護基金に、2セントは地方政府に配布される。しかしながら、今回の州法では、例外規定も設けており、外食店舗のテイクアウト用にビニール袋、惣菜や肉を包むビニール袋、まとめ売り包み用のビニール袋は禁止から除外。紙袋には課金するが、新聞紙包みや布製袋には課金しない。ごみ袋等の商品としての袋は販売できる。

 また今回の州議会では、娯楽用のマリファナを合法化する州法案も提出されていたが、最終的に廃案となった。その他、2021年からはマンハッタン地区の渋滞頻発エリアには、渋滞税が課せられる。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (4)

ページ上部へ戻る