【東アフリカ】キャップジェミニ、小規模農家向けAI活用ツール提供開始。現地支援企業との共同開発 2019/10/08 最新ニュース

【東アフリカ】キャップジェミニ、小規模農家向けAI活用ツール提供開始。現地支援企業との共同開発 1

 仏ITコンサルティング大手キャップジェミニは10月2日、ケニア・タンザニアの農業支援企業Agricsと共同で、ビッグデータと人工知能(AI)を活用した農業支援ツール「Project FARM(Financial and Agricultural Recommendation Models)」を開発したと発表した。同ツールは機械学習機能を用いて、ビッグデータから農業のパターンを解析。農地の状況にあった最適な農業方法を提案する。

 食料需要は2050年までに60%増加すると予測される一方で、世界人口の大部分は、伝統的かつ初歩的な農業慣行を続ける途上国の小規模農家からの供給に支えられているという。複雑なバリューチェーンやリソース不足、それぞれの繋がりの不足によって、農業の非効率性が増長されているため、キャップジェミニのオランダ支社は、今回のプロジェクトを立ち上げ、小規模農家向けに収穫量の最適化やリスク低減のサービスを提供するに至った。

 Agricsは、東アフリカで活動する開発支援企業グループInternational Child Support(ICS)のグループ企業。同社は、1980年に創業し、当初はInternational Christian Support(ICS)という名称で、災害時等の緊急支援を主業務としていたが、キリスト教徒しか支援しないという誤解を防ぐため2004年に現社名に変更した。現在は、小規模農家向けのデータや情報を発信する事業も行っている。

 今回発表ツールは、栽培する作物、潜在的収穫量、実収穫量、農地面積、信用・返済に関するデータだけでなく、欧州宇宙機関コペルニクスからの衛星データ等、様々な情報ソースからデータをクラウドに集積。これらビッグデータをAIによって分析することで、農家は、作物の生産を最適化するためのカスタマイズされた提案を受けることができる。また情報は、種苗メーカーや肥料メーカー、購入企業側にも提供され、バリューチェーン全体での非効率をなくしていく。

【参照ページ】The platform decodes patterns in farmers’ activities and generates insights based on a combination of data gathered

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る