private 【イギリス】政府、休眠口座スキームを保険・年金・証券等に拡大。1100億円をコロナ支援に動員 2021/01/24 最新ニュース

 英デジタル・文化・メディア・スポーツ省市民社会室(OCS)は1月9日、新型コロナウイルス・パンデミックからの復興のための資金源として、休眠口座活用スキームの拡大を発表。総額8億ポンド(約1,100億円)を英内閣府が休眠口座資金投資のために2012年に設立した独立機関Big Society Capital(BSC)等を通じて、ソーシャル支援機関に拠出する。

 同スキームは2011年に創設されて以来、15年以上使用されていない休眠銀行口座7.45億ポンドを活用した基金を創設し、ソーシャルセクターの資金支援を実施している。2020年5月には追加1.5億ポンドの休眠銀行口座も動員された。同スキームでは、休眠口座を所有者と連絡をつけるよう努力した上で、所在不明の場合に休眠口座として認識されるが、所有者が口座資金を主張した場合には、所有者に資金は変換される。その分の支援を銀行が続けるかどうかは、その都度判断できる。現在、休眠預金口座スキームに参加している銀行は、HSBC、ロイズ・バンキング・グループ、ロイヤルバンク・オブ・スコットランド等30社に及ぶ。

 これまでの資金経由機関は、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る