【国際】GRI、新版「GRIスタンダード」の草案発表。7月中旬までパブコメ受付

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティレポーティングガイドライン世界最大手のGRI(Global Reporting Initiative)は4月19日、作成を発表していたG4に変わる新たなガイドライン「GRI Standards(GRIスタンダード)」の草案の第1弾を発表した。7月17日まで同機関のオンラインプラットフォーム上でパブリックコメントを受け付けている。  GRIスタンダードは現行のG4に変わる基準。中身や考え方に大きな変化はないが、基準文書 [...]

» 続きを読む

【国際】Corporate Reporting Dialogue、主要ガイドラインの「マテリアリティ」比較発表

Facebook Twitter Google+

 Corporate Reporting Dialogueは3月30日、同団体に加盟している8つの機関、CDP、CDSB、GRI、IFRS、IIRC、ISO、SASB、(FASBは現在マテリアリティを定義中のため部分参加)がそれぞれ定義する「マテリアリティ」の違いを比較する分析レポート「Statement of Common Principles of Materiality of the Corporate Reporting Di [...]

» 続きを読む

【国際】SDGs達成に向けユニリーバ、コカコーラら団結。パラゴン・パートナーシップス

Facebook Twitter Google+

 貧困撲滅や気候変動、ジェンダー平等など17項目ある国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向け、英ユニリーバらのマーケティング部門が団結することが明らかとなった。ユニリーバが3月15日報じた。今年5月に企業、NGO、学会などが提携するパートナーシップ「パラゴン・パートナーシップス」を立ち上げる。初期参加組織は、事業会社からユニリーバ、コカコーラ、ペプシコ、マーケティング、マーケティング・リサーチ・コンサルティング企業から米ニールセ [...]

» 続きを読む

【国際】持続可能な海運イニシアチブ、2040年までの達成目標とロードマップ策定

Facebook Twitter Google+

 持続可能な海運イニシアチブ(SSI)は3月7日、2040年までに持続可能な海運業となるために達成すべき主要な道標や優先事項を定めた「2040年に向けたSSIロードマップ(SSI Roadmap to 2040)」を発表した。SSIには船舶・海運業に関わる世界の主要な企業が自主的に加盟している。現在の加盟企業は、海運世界最大手デンマークのマースク・ライン、シンガポールのChina Navigation Company、シンガポールのI [...]

» 続きを読む

【国際】エシスフィア、2016年度の「世界で最も倫理的な企業」を公表。日本からは3社が選出

Facebook Twitter Google+

 倫理的なビジネス慣行の基準を定義・促進しているエシスフィア・インスティテュート(以下、エシスフィア)は3月11日、"2016 World’s Most Ethical Companies®"(2016年度、世界で最も倫理的な企業)を公表し、21ヶ国から131社を選出した。同表彰は今年で10周年となる。  「世界で最も倫理的な企業の評価」は、エシスフィアが独自に開発した倫理指数(EQ)フレームワークに基づいている。EQは組織のパフォー [...]

» 続きを読む

【国際】世界34証券取引所、国際女性デーにジェンダー平等キャンペーンを実施

Facebook Twitter Google+

 日本ではあまり馴染みがないかもしれないが、3月8日は「国際女性デー」として、数多くの国では祝日に指定されるなど国際的なイベントデーとして認知されている。この国際女性デーを祝う行事として、ジェンダー平等の達成に向け企業の活動に焦点を合わせた「Ring the Bell for Gender Equality」キャンペーンが3月3日から11日まで展開された。このキャンペーンには世界34の証券取引所が参加し、職場、市場、コミュニティにおけ [...]

» 続きを読む

【国際】国連グローバルコンパクト、Local SDG Pioneersプログラムを開始

Facebook Twitter Google+

 国連グローバルコンパクトは2月18日、SDGs(持続可能な開発目標)の実現に向けた複数年にわたる計画「Local Network SDG Action Plan(地域ネットワークSDG行動計画)」を公表した。同計画は、80以上におよぶ国連グローバルコンパクトのローカルネットワークをSDGs実現に向けた戦略の立案から実行までを支援するものだ。  計画の中心となるのが、世界中で企業によるSDGsの実現に向けた行動を促す「Pioneers [...]

» 続きを読む

【国際】Sustainly「第6回ソーシャルメディア・サステナビリティ・インデックス」公表 

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ分野の英国コンサルティング企業、Sustainlyは「第6回ソーシャルメディア・サステナビリティ・インデックス」を発表、2015年の活動を対象とし自社のサステナビリティ活動をどれだけ効果的に体外的なコミュニケーションを実施できているかを独自メソッドで測定し、トップ100社を公表した。同社はインデックスについて、「サステナビリティに真摯に取り組んでいる企業は『見せかけ』でやっているのではない。それらの企業はサステナビリ [...]

» 続きを読む

【国際】GSSB、GRIガイドライン内の用語をILO基準に沿う形に修正へ

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告に関する国際ガイドラインのGRIが設立した、独立した基準設定機関のGlobal Sustainability Standards Board(グローバル・サステナビリティ基準審議会、以下GSSB)は3月1日、サステナビリティ情報のグローバルにおける比較可能性および質向上の一環として、現状のGRIガイドラインの中で使用されている用語をILO(国際労働機関)の基準に沿うよう見直しを進めていることを公表した。  政府、 [...]

» 続きを読む

【国際】電気自動車のシェア、2040年までに新車販売の35%と予測

Facebook Twitter Google+

 ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス (BNEF)が2月25日に公表した調査結果では、電気自動車(EV)革命は各国政府や石油会社の予測以上に劇的なスピードで進行する可能性示されている。今後予測されるバッテリー価格の大幅な値下げに加え、2020年代には大部分の国でEVがガソリン車やディーゼル車よりも経済性が高くなるためだという。  同調査によると、2040年までにEV販売は4,100万台に達すると予測され、新車の小型乗用車販 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る