private 【アメリカ】トランプ大統領、経済支援策の大統領令に署名。大規模支援策の民主党案を拒否

Facebook Twitter Google+

 米ドナルド・トランプ大統領は8月8日、新型コロナウイルス・パンデミックに対する経済支援策として、給付の上乗せ等を実施する4つの大統領令に署名した。連邦議会で共和党提議の支援策が民主党の反対で進まないことを受け、大統領令の形で緊急歳出を決定した。  同大統領は、連邦議会が決定した支援策は、すでに失効しているか、近々失効期日を迎えるとし、今回の大統領令の正当性をアピール。法的根拠としては、スタフォード法(災害救援・緊急支援法)、3月に自 [...]

» 続きを読む

private 【ニュージーランド】政府、国家気候変動リスクアセスメント実施。対応の優先順位付け実施

Facebook Twitter Google+

 ニュージーランド環境省は8月3日、同国として初の国家気候変動リスクアセスメントを実施したと発表。重要度の高い43のリスクを特定した。同国では、2020年にも豪雨で道路が寸断する事態が発生しており、気候変動への適応が日に日に急務となっている。  今回のリスクマネジメントは、同省が実施しているリスクアセスメント・プロセス全体の第2ステップ。第1ステップでは、現在、2050年、2100年の3期間におけるリスクアセスメントを実施し、48の重 [...]

» 続きを読む

private 【国際】COSO、ブロックチェーン技術活用の内部統制ガイダンス発行

Facebook Twitter Google+

 ERMガイドライン策定COSO(米トレッドウェイ委員会支援組織委員会)は8月4日、ブロックチェーン技術活用と内部統制ガイダンスを発行した。ブロックチェーン技術の活用が普及していることに伴い、内部統制で実施すべき観点をまとめた。  今回のガイダンスは、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】ファイザー、ギリアドの新型コロナ治療薬レムデシビル増産に協力。カンザス州生産拠点提供

Facebook Twitter Google+

 製薬大手米ファイザーは8月7日、米製薬大手ギリアド・サイエンシズ開発の新型コロナウイルス感染症治療薬レムデシビルの生産能力の拡大のため、同薬の製造・販売の受託に合意した。ファイザーは、カンザス州マクファーソン郡の生産拠点をギリアドへ提供する。  ファイザーは3月、大小問わず製薬企業と政府、大学等に対し、新型コロナウイルス対策のエコシステムへの参画を要請。独バイオ製薬大手BioNTechと協働し、新型コロナウイルス・ワクチンBNT16 [...]

» 続きを読む

【国際】新型コロナ、列車内感染率は隣席が最高値で次は同列座席。初の大規模調査報告

Facebook Twitter Google+

 中国で最も広範に利用され乗客数も最多の高速列車の通称G列車二等席内での新型コロナウイルス車内感染に関する大規模調査の結果が、医学雑誌「Clinical Infectious Diseases」で7月29日に発表された。中国疾病対策予防センター等のデータを基に、State Key Laboratory of Resources and Environmental Information Systemおよび中国の関連研究機関、そして英サ [...]

» 続きを読む

private 【韓国】バイオ医薬品セルトリオン、仁川市と協働でグローバル規模のバイオ医薬品ハブ創設

Facebook Twitter Google+

 韓国バイオシミラー大手セルトリオンは8月5日、仁川広域市の埋立新都市「松島新都市」に、グローバル・バイオ・イノベーション・クラスターを創設すると発表した。仁川広域市政府と合意した。  同クラスターは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】環境省、環境インフラ海外展開プラットフォームを発足。海外ニーズを収集し情報提供

Facebook Twitter Google+

 環境省は8月4日、環境インフラの海外展開に積極的に取り組む民間企業や各関係者の活動を後押しする枠組みとして、「環境インフラ海外展開プラットフォーム(JPESI)」を発足したと発表した。環境インフラの製造企業、販売企業、コンサルタント企業等の企業や自治体、金融機関等からの参加を募る。  同プラットフォームは、 (さらに…)

» 続きを読む

【中国】政府、ガラパゴス諸島西域公海での漁業を9月から11月まで禁止。エクアドル政府と協議

Facebook Twitter Google+

 中国外交部の汪文斌報道官は8月6日、定例会見の中で、エクアドル領ガラパゴス海洋保護区から西側の公海での漁を9月から11月まで禁止すると発表した。同海域では、7月下旬に中国船籍を中心とする260艘の漁船団が現れ、生態系に対する懸念と外交懸念が生じていた。  エクアドル領のガラパゴス海洋保護区は、1979年に国連教育科学文化機関(UNESCO)の世界遺産にも登録され、生態系の保護が行われている。漁船が現れたのは海洋保護区の西側の海域で、 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る