【対談】東京都が国内自治体初のソーシャルボンド300億円発行 ~発行の意義と得られた成果~

Facebook Twitter Google+

 東京都は7月6日、国内の地方自治体初のソーシャルボンドを300億円発行した。年限は5年。格付はS&PでA+。利率は0.005%。主幹事証券会社は三菱UFJモルガン・スタンレー証券、みずほ証券、ゴールドマン・サックス証券、大和証券。最終需要は発行額の11倍もの約3,420億円に達した。地方債協会のデータによると、5年地方債として2020年3月以来の低利率だった。  資金使途は、中小企業制度融資預託金や特別支援学校、チャレンジスクール、 [...]

» 続きを読む

private 【日本】金融庁、ソーシャルボンドガイドライン案公表。ICMAのSBPと整合

Facebook Twitter Google+

 金融庁は7月7日、日本版ソーシャルボンド・ガイドラインの原案を公表した。8月10日までパブリックコメントを募集し、その後最終決定する。日本政府では、グリーンボンド、グリーンローン、サステナビリティ・リンク・ローンの3つのガイドラインは環境省が所管しているが、ソーシャルボンドは金融庁が所管する立て付けとなっている。  今回策定した「ソーシャルボンドガイドライン案」は、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】ICMA、気候変動移行を資金使途のESG債に追加要件設定。発行体全体の戦略や目標等

Facebook Twitter Google+

 国際資本市場協会(ICMA)は12月9日、「クライメート・トランジション・ファイナンス・ハンドブック」を発行。サステナブルボンド(ESG債)発行で、トランジションを資金使途インパクトとする場合の追加の開示項目を提示した。ICMAのクライメート・トランジション・ワーキンググループが策定作業を行っていた。  今回のハンドブックは、ICMAのグリーンボンド原則(GBP)、ソーシャルボンド原則(SBP)、サステナビリティボンド・ガイドライン [...]

» 続きを読む

private 【国際】CBS認証取得グリーンボンド・ローン、累計1500億ドル超え。ソーシャルボンドも発行急増

Facebook Twitter Google+

 グリーンボンド・ガイドライン策定の国際NGOの気候債券イニシアチブ(CBI)は11月22日、気候債券基準(CBS)認証取得グリーンボンドと同グリーンローンの累計調達額が1,500億米ドル(約1.56兆円)を突破したと発表した。CBS認証は、CBIが定める厳しい気候変動基準との適合性が認められるグリーンボンドとグリーンローンのみに付与される。  CBS認証のグリーンボンドとグリーンローンは、2019年12月に1,000億米ドルを突破し [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】モルガン・スタンレー、低・中所得層支援でソーシャルボンド1040億円発行

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手米モルガン・スタンレーは10月21日、手頃な価格の住宅(アフォーダブル住宅)プロジェクトを資金使途とするソーシャルボンド10億米ドル(約1,040億円)を発行したと公表した。同社は2015年には、再生可能エネルギーを資金使途とするグリーンボンドを発行していた。  同社は、ソーシャルボンドの発行に当たり、ソーシャルボンド・フレームワークを策定。資金使途はアフォーダブル・ハウジングのみとした。住宅プロジェクトの対象は、関連地 [...]

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、2026年までにソーシャルボンドとグリーンボンドを112兆円発行。市場拡大に貢献

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会のヨハネス・ハーン予算・総務担当委員は10月21日、10月7日に発表した総額1,000億ユーロ(約12.5兆円)のソーシャルボンドでのEU SURE債について記者会見を実施。10月前半に発行する10年債100億ユーロ、20年債70億ユーロの合計170億ユーロ(約2.1兆円)の初回発行分に対し、注目が発行額の13倍となる2,330億ユーロ(約28.9兆円)も集まったことを明らかにした。 【参考】【EU】欧州委、ソーシャルボン [...]

» 続きを読む

【国際】ICMA、2020年度グリーンボンド等の諮問委員会委員機関発表。金融庁や大和証券も

Facebook Twitter Google+

 証券業界の国際業界団体・国際資本市場協会(ICMA)は10月9日、グリーンボンド及びソーシャルボンドに関するエグゼクティブ・コミッティから、今年度の諮問委員会の委員機関を発表した。委員機関は任期が1年。証券会社(投資銀行)、NGO、発行体等からバランスを考慮して選ばれる。 2020年諮問委員会の構成 アセアン資本市場フォーラム(ACMF) Ashurst Aviva Investors 中国銀行 ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀 [...]

» 続きを読む

【日本】東京大学、ソーシャルボンド200億円発行。日本の国立大学法人初の債券発行

Facebook Twitter Google+

 国立大学法人東京大学は10月8日、国立大学法人初となる大学債をソーシャルボンドで発行すると発表した。発行額200億円。年限40年。利率0.823%。信用格付は、R&IでAA+、JCRでAAA。主幹事証券会社は大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券。  国立大学法人による長期借入と債券発行については、2005年までは資金使途として、附属病院整備事業及び大学等移転事業のみが認められていた。しかし2005年12月に法人法施行令が改正され、 [...]

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、ソーシャルボンドEU債12.5兆円発行。SURE融資プログラムが資金使途

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は10月7日、ソーシャルボンドEU債を1,000億ユーロ(約12.5兆円)発行すると発表した。資金使途は、EU理事会が5月19日に採択した加盟国向け融資プログラム「緊急時失業リスク緩和支援(SURE)」の財源。SUREは、総額上限1,000億ユーロの融資枠を設定し6月1日から運用開始しており、今回当該ファイナンスの財源をソーシャルボンドでファイナンスすることとなった。  今回のソーシャルボンド発行では、 (さらに&hell [...]

» 続きを読む

【インタビュー】大阪府住宅供給公社が80億円のソーシャルボンドを発行 〜地域団地のこれから〜

Facebook Twitter Google+

 大阪府100%出資の大阪府住宅供給公社が6月19日にソーシャルボンドを80億円発行した。そのうち満期一括債と定時償還債が各々40億円ずつで、年限は双方20年。格付はR&IでAA-。利率は満期一括債で0.540%(対国債スプレッド+16bp)、定時償還債が0.369%(対国債スプレッド+31bp)。主幹事証券会社は三菱UFJモルガン・スタンレー証券とみずほ証券。  住宅供給公社とは、地方住宅供給公社法に基づき都道府県や政令指定都市が設 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る