【日本】改訂ISO14001は生物多様性に取り組む絶好の機会。JBIBがシンポジウム開催

Facebook Twitter Google+

 生物多様性の推進に取り組む国内企業によるイニシアティブ、JBIB(一般社団法人企業と生物多様性イニシアティブ)は12月10日、ISO14001と生物多様性に関するシンポジウム「改訂ISO14001:生物多様性の対応はこうする~生物多様性の先進企業からの提案~」を開催した。当日は国内大手企業の環境・CSR担当者らをはじめ、行政関係者、NGO、ISO関係者ら120名以上の参加者が集まった。  JBIBは2008年に設立された企業イニシア [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ゼネラルミルズ、今後10年で温室効果ガス排出を28%削減へ

Facebook Twitter Google+

 ネイチャーバレー、ハーゲンダッツなどで知られる米大手食品企業のゼネラルミルズは8月30日、今後10年間でバリューチェーン全体における温室効果ガスの絶対排出量を28%削減すると発表した。この目標は科学的根拠に基づく方法論を適用して設定したもので、地球全体の温度上昇抑制のために科学的に必要とされる削減量を基に目標値を設定したという。  同社は2050年までに温室効果ガス排出を科学的合意に沿った持続可能な排出レベルまで削減することを長期の [...]

» 続きを読む

【スウェーデン】H&M、2014年度のサステナビリティ報告書を公表

Facebook Twitter Google+

 アパレル大手のH&Mが、2014年度のサステナビリティ報告書、Conscious Actions Sustainability Report 2014を公表している。今年で14度目となる今回の同報告書では、再生可能エネルギー利用比率の拡大や、回収した古着のリサイクルコットンから作られた製品量の増加、公正な賃金の実現に向けた取り組みなど、幅広い分野にまたがる80以上のサステナビリティ活動の進捗状況がまとめられている。  H&MのCEO [...]

» 続きを読む

【国際】アルミニウムに関する新たなサステナビリティ基準が誕生

Facebook Twitter Google+

アルミニウムのバリューチェーン全体におけるサステナビリティ向上を目的とする国際イニシアチブのAluminium Stewardship Initiative(以下、ASI)は先月、温室効果ガスの削減も含むアルミニウム関連産業全体のESGパフォーマンス改善を目的として新たな基準”Aluminium Stewardship Initiative Performance Standard(以下、ASI Standard)”を公表した。 同基 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】コカ・コーラと世界自然保護基金が年次報告書を公表

Facebook Twitter Google+

コカ・コーラと世界自然保護基金(World Wildlife Fund、以下WWF)は7月10日、両者がパートナーシップを締結してグローバルに取り組んでいる水資源保護、環境保全、自然保護などのサステナビリティ活動に関する年次報告書"Partnering to Protect Our Freshwater Resources: Annual Review 2013"を公表した。 コカ・コーラでグローバル・ウォーター・スチュワードシップ責 [...]

» 続きを読む

【イギリス】コカ・コーラ・エンタープライズ、持続的な成長への鍵はサプライヤーとの協働

Facebook Twitter Google+

2014年6月26日に公表されたCCE(Coca Cola Enterprise:コカ・コーラ・エンタープライズ)のサプライヤーに関する調査によると、同社のサプライヤー企業はサステナブル・イノベーションのためのアイデアを追求する最善の方法として、サプライヤーの協働(87%)、消費者の協働(86%)、従業員の貢献(84%)を挙げていることが明らかになった。CCEはThe Coca Cola Company(コカ・コーラ)系列の最大手ボト [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る