【アメリカ】ensoの2017年World Value Indexランキング発表。リサイクルショップのグッドウィル首位

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティに焦点を当てたブランドコンサルティング企業米ensoは6月6日、企業や団体のビジョンやミッションへの消費者共感度ランキング「World Value Index」の2017年度結果を発表した。同ランキングは今年が2回目。一般認知度の高い米企業・団体150を対象とした米国市民3,000人からのアンケート結果を基に集計される。3,000人へのアンケートでは、年齢や社会的バックグラウンドなどに配慮して様々な声が反映されるよう [...]

» 続きを読む

【イギリス】ユニリーバ、「Sustainable Living Plan」の進捗を発表。業績に大きく貢献

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手ユニリーバは5月18日、2011年から開始している同社のサステナビリティ戦略「Sustainable Living Plan」の実施状況を発表した。同社の業績はこの「Sustainable Living Plan」によって向上していると成果を示した。 Sustainable Livingの下で展開されているブランドは、その他のブランドより50%早く成長 2016年の同社の成長の60%が、Sustainable Livi [...]

» 続きを読む

【中国】アップルとサンパワー、170MWの太陽光発電計画。2016年末までに完成

Facebook Twitter Google+

 太陽光発電大手の米サンパワー社は11月18日、アップル社および天津に本社を置く中環半導体社の子会社・中環エネルギー社と共同で内モンゴル自治区に3つの大規模太陽光発電プラントを建設する計画を明かした。3つの発電所の合計設備容量は170MWに達する。アップル社は同社が掲げる自社施設全てを100%再生可能エネルギーで運営するという目標に向けて大きな一歩となった。  建設される太陽光発電プラントは、上禿亥郷に100MW、蘇尼特左旗に50MW [...]

» 続きを読む

【ランキング】サステナビリティ戦略はブランドを強化する 〜BrandZランキングの価値計算手法〜

Facebook Twitter Google+

サステナビリティ戦略でブランドを強化できるのか?  マーケティング関係者やCSR関係者の間には、以前から流布しているひとつの大きな命題があります。「CSRは消費者購買意欲につながるのか?」—オーガニック商品やエコ商品など市場価格より高い価格での商品帯を投入したとして、本当に消費者は社会的に好ましい商品を選択するのか。この問いには「消費者はCSRなど意識せず安いものを選択するのだ」と従来から懐疑的な見方が少なからずなされてきました。この [...]

» 続きを読む
2015/06/23 体系的に学ぶ

【国際】ハバス・メディア、人々の幸せに貢献するブランド「Meaning Brands 2015」を公表

Facebook Twitter Google+

 フランスのマーケティング・コミュニケーション大手のハバス・メディアは4月28日、人々の生活の質向上や幸福とブランドとのつながりについて示したグローバル調査、Meaningful Brandsの2015年度版を公開した。同ランキングは、ハバスが独自の手法に基づき人々の生活の質向上や幸福に貢献しているブランドを"Meaningful Brands"と定義し、世界34か国、12業界にまたがる1,000ブランド、300,000人の人々への調 [...]

» 続きを読む

【国際】サステナビリティとブランド力との間に相関関係。CSR Hub調査。

Facebook Twitter Google+

 CSR評価・データ提供大手のCSR Hubと、ブランド戦略コンサルティングのBrand Finance社が、企業のブランドとサステナビリティの関係に関する非常に興味深い研究を実施している。  CSR Hubは2013年に同社のCSR評価とBrand Finance社の公表しているBSI(Brand Strength Index:ブランド力指数)との相関関係について調査した結果、幅広い業界に渡る1,000社以上の企業において、両者の評 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る