【イギリス】ゴールドマン・サックス、英女性従業員の賃金が男性より50.6%少ない

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手米ゴールドマン・サックス・グループは3月25日、英国法に基づき2019年の「性別賃金格差報告書(Gender Pay Gap Report)」を発表した。結果、英国での従業員給与は、女性従業員が男性従業員よりも平均50.6%も少なかった。前年の56%からは多少が差が埋まったものの、格差が大きいことがわかった。 【参考】【イギリス】男女間賃金格差報告法が初年度の報告締切。78%の企業・機関で男性厚遇(2018年4月7日) [...]

» 続きを読む

【イギリス】PwC UK、シニアレベルの人材採用で必ず女性候補者も検討する社内規定導入

Facebook Twitter Google+

   英監査法人大手PwC UKは6月4日、シニアレベルの人材採用に当たり、男性候補のみが占めるリストを作成することを禁止した。すなわち採用時には必ず女性も候補者に入れるとする社内規定を定めた。英紙デイリー・メールが報じた。  同社は英国法の義務により今年春に公表した男女賃金格差レポートで男性が女性より43.8%も給与が高かったと発表しており、女性幹部の採用を増やすことで是正を図る考え。  男性候補者のみの採用リストの禁止は、四大監査 [...]

» 続きを読む

【イギリス】BBC、エキスパートスタッフの割合を男女均等にすると発表。社員からは懐疑的な見方も

Facebook Twitter Google+

 英公共放送BBCは4月2日、テレビ番組の報道・司会・コメント等を担当するエキスパート・スタッフの人数を来年までに男女半々にすると発表した。さらに計画通りに男女均等が保たれているかどうか、毎月モニタリングするとした。BBCでは今年1月7日、キャリー・グレイシー中国編集長、男性同僚との賃金格差を理由に編集長の職を抗議辞任しており、対策に追われている。  英国では2017年4月6日、従業員数250人以上の企業と政府機関を対象に、従業員に支 [...]

» 続きを読む

【イギリス】男女間賃金格差報告法が初年度の報告締切。78%の企業・機関で男性厚遇

Facebook Twitter Google+

 英国で大企業と政府機関に課された男女間給与格差報告の初年度報告が締め切られ、78%の企業で女性の給与が低いことが明らかとなった。男女間の格差が非常に大きい実態が明るみとなり、今後格差是正が進むことが期待されている。  英国では2017年4月6日、従業員数250人以上の企業と政府機関を対象に、従業員に支払った男女別の賃金データを毎年報告することを義務付ける法律「2010年平等法 2017年(男女間賃金格差情報)規則(GPG法)」が施行 [...]

» 続きを読む

【ドイツ】大企業従業員の男女賃金格差を知る権利を保障する法律、2018年1月6日施行

Facebook Twitter Google+

 ドイツで、男女賃金格差を知る権利を保障する新たな法律「賃金透明法(Wage Transparency Act)」が1月6日、完全施行された。同法は、2017年7月に施行されたが、賃金格差を知る権利の保障の部分については2018年1月13日に遅れて施行されることとなった。  今回の施行により、従業員200人以上の企業と公的機関で働く従業員は、同等の仕事をする6人以上で構成される性別グループの賃金と、自分の賃金の査定方法についての情報開 [...]

» 続きを読む

【EU】欧州委員会、男女賃金格差解消と非常勤取締役女性比率40%以上掲げ、新たなアクション

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は11月20日、男女賃金格差解消のため、2019年までの新たなアクションプラン「Action Plan to tackle the gender pay gap」を発表した。欧州委員会は目下、取締役会と中間管理職の女性比率を40%以上に上げる目標を掲げている。今回のアクションプランでは優先事項を8つ設定。EUでは、2006年7月の「雇用及び職業における男女の機会均等及び均等待遇の原則の実施に関する指令」(2006/54/E [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る