private 【国際】経団連はEUタクソノミーに非常に否定的。日本の他の産業団体も。InfluenceMap分析

Facebook Twitter Google+

 英気候変動シンクタンクInfluenceMapは4月2日、日本の主要業界団体がEUタクソノミーに対する態度を分析した英文レポートを発表。結果、総じてEUタクソノミーに否定的な態度を採っていることがわかった。 【参考】【EU】TEG、EUタクソノミー最終報告書発表。企業と機関投資家に開示義務。原発除外、CCS厳格基準も(2020年3月11日)  EUタクソノミーは、欧州委員会がパリ協定の達成のため2050年に二酸化炭素ネット排出量をゼ [...]

» 続きを読む

【国際】英NGOのInfluenceMap、エネルギー大手5社は反気候変動政策に1100億円支出と非難

Facebook Twitter Google+

 英環境NGOのInfluenceMapは3月22日、エクソンモービル、ロイヤル・ダッチ・シェル、シェブロン、BP、トタルのエネルギー大手5社が、パリ協定採択後の3年間、反気候変動対応関連団体へのロビー活動や資金拠出に10億米ドル(約1,100億円)を投じていたと批判した。エネルギー5社は、気候変動への対応を進めているポーズを見せているが、実態は真逆のことをしていると非難の声を強めている。  今回の活動費では、まず、毎年2億米ドルが、 [...]

» 続きを読む

【国際】COP21が企業の気候変動対応方針強化のきっかけに。InfluenceMap調査

Facebook Twitter Google+

 気候変動対応を推進する英国のNPO、InfluenceMapは1月、昨年12月にパリで開催されたCOP21が、開催前および開催期間中においてグローバル企業らの気候変動対応に関する目標や方針にどの程度の影響を及ぼしていたか("Paris Effect"、以下「パリ効果」)についての分析結果を公表した。  その結果、大手グローバル企業100社のうち半数以上にあたる53%が、IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)が指摘している地球の [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る