【環境】化学物質PFASとは何か? 〜マクドナルドやアマゾンが使用禁止を決めた背景やPFOAとの違い〜

Facebook Twitter Google+

 ファーストフード世界大手米マクドナルドは1月13日、2025年までに全ての包装・容器からPFAS(パーフルオロアルキル化合物およびポリフルオロアルキル化合物)を全廃すると発表。また、アマゾンも12月1日、自社ブランド「Amazon Kichen」の食品製品の包装・容器で同じくPFASの使用を禁止した。今回、近年、大きく注目されているPFASについて見ていこう。  PFASは、1940年代頃から普及していった化学物質で、水や油をはじく [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、英国独自の化学物質管理REACH制度開始。該当企業は英国システムへの登録必要

Facebook Twitter Google+

 英環境・食糧・農村地域省は12月31日、2021年1月からのEU完全離脱に伴い、EUのREACH規則を継承した英国独自のREACH制度を1月1日に開始すると発表した。REACH規則は、化学物質の管理に関するEU法。  英国独自のREACH制度では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】5カ国政府、複数のEU法に跨る内分泌撹乱物質リストを整理。ポータルサイト開設

Facebook Twitter Google+

 フランス、ベルギー、オランダ、デンマーク、スウェーデンの5カ国政府は6月9日、内分泌撹乱物質(ED)に関する情報ポータルサイトを開設した。関連法規が複数に跨り複雑化しているEDについての情報を整理した。  今回のウェブサイトでは、EDを「EUで規制されている物質」「EUで規制が検討されている物質」「加盟国レベルで規制が検討されている物質」の3つに分類。最初の2つについては、REACH規則(化学品の登録、評価、認可及び制限に関する規則 [...]

» 続きを読む

【EU】欧州化学機関ECHA、フルオランテン等6物質をSVHC候補物質リストに追加

Facebook Twitter Google+

 EUの専門機関の一つ、欧州化学機関(ECHA)の加盟国委員会(MSC)は1月19日、2,2-ビス(4'-ヒドロキシフェニル)-4-メチルペンタン等6物質を、REACH規則の対象となる高懸念物質(SVHCs)候補物質リスト(Candidate List)に追加した。  今回、候補物質リスト入りしたのは、 2,2-ビス(4'-ヒドロキシフェニル)-4-メチルペンタン:生殖毒性 ベンゾ[k]フルオランテン:発がん性、難分解性・生体蓄積性・ [...]

» 続きを読む

REACH規則(リーチ規則)

Facebook Twitter Google+

 REACH規則とは、化学物質の登録・評価・認可・制限に関するEU法です。人々の健康や環境保護、欧州の科学産業競争力の維持向上を目的にしています。2006年12月18日に欧州理事会で採択され、2007年6月1日に発行。Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction of Chemicalsの頭文字をとってREACH(リーチ)規則という名称が付けられています。 背景  化学 [...]

» 続きを読む
2017/08/05 辞書

【アメリカ】 UL、動物実験に頼らないREACH規則毒性試験を可能にするソフトウェア開発

Facebook Twitter Google+

 UL認証で知られる米認証機関UL(Underwriters Laboratories)は3月13日、環境認証を行う部門UL Environmentが、動物実験を行わずにEUの化学物質ルール「REACH規則」に基づく有害性試験が可能となる新たなソフトウェア「REACHAcross」をリリースした。同種のソフトウェアとしては初めて、人工知能型アルゴリズムの一つ「機械学習」機能を搭載した。  REACHAcrossには、精度の高い類推(R [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る