【国際】世界経済フォーラム、政府へのAI活用イニシアチブ発足。英国が政府として第1号参加

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は9月20日、政府が国民への便益のために適切に人工知能(AI)技術を設計、展開していくため、各国の政府、企業、NGO等を結集した新たなイニシアチブを発足した。AIの活用により、医療サービス提供や税務が大きく改善すると言われているが、政府の間では慎重姿勢も多い。  今回のイニシアチブでは、AIのマイナスの側面を適切に管理し、プラスの側面を享受するためのAI公共調達ガイドラインを設計する。米サンフランシスコに [...]

» 続きを読む

private 【国際】世界経済フォーラム、AI・自動化の雇用影響見通し発表。純雇用創出効果は5,800万人

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は9月17日、AI(人工知能)や自動化が今後進展し、全体の仕事量に占めるAI・自動化割合が現状の29%から58%に増加。2022年までに7,500万の雇用が喪失するとの予測結果をまとめたレポートを発表した。同時に一方で1億3,300万の雇用が創出され、純雇用は5,800万増えるとした。  今回のレポートは、12セクターと20の新しいビジネスセクターにおけるグローバル企業約300社の人事責任者やその他戦略担 [...]

» 続きを読む

【国際】世界経済フォーラム、金融業界でのAI活用のインパクトをまとめたレポートを発表

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は8月15日、人工知能(AI)が金融サービスを激変させるとするレポートを発表した。金融業界の中でAIは、管理部門のコスト削減のために検討するところから始まったが、サービスとしてAIを活用し競争優位を発掘する段階に移ってきている。  今回のレポートは、AIが金融サービスをどのように変えていくかというインサイトをまとめたもの。AI活用は当初はコスト部門のコスト削減目的で導入されてきたが、今は顧客サービスの進化 [...]

» 続きを読む

【日本】世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター、設立

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は7月2日、経済産業省、一般社団法人アジア・パシフィック・イニシアティブと連携し、一般社団法人世界経済フォーラム第四次産業革命日本センターを設立した。世界経済フォーラム第四次産業革命センターはサンフランシスコに設立されており、今回のものはその日本支部となる。今後、各国でも設立される予定。  世界経済フォーラム第四次産業革命センター(C4IR)は、新しい科学技術の活用方針やガバナンスへの新たなアプローチを共 [...]

» 続きを読む

【国際】世界経済フォーラム、ブロックチェーン技術導入当否判断のフレームワーク公表

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は4月23日、ブロックチェーン技術導入の当否を判断するフレームワークを公表した。同フレームワークは、インペリアル・カレッジ・ロンドンの分析を基に、2017年にWEFのGlobal Future Council on blockchainが策定。2018年の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)でもCEO参加のワークショップで議論し、今回最終版が公表された。  WEF Global Future Coun [...]

» 続きを読む

【国際】世界経済フォーラム、機械学習の人権侵害リスクを報告。尊重すべき原則を策定

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は3月13日、機械学習(マシンラーニング)が差別等の人権侵害を引き起こすことを防止するための白書「How to Prevent Discriminatory Outcomes in Machine Learning」を発行した。世界経済フォーラムは、年次総会「ダボス会議」で有名だが、社会課題や環境問題への対策を検討するため「グローバル未来委員会(Global Future Council)」の活動も展開し [...]

» 続きを読む

【国際】ダボス会議、2018年サーキュラーエコノミー優良企業を表彰。フィリップスやABNアムロ等

Facebook Twitter Google+

世界経済フォーラム(WEF)とヤング・グローバル・リーダーズ(YGL)は1月22日、年次総会(ダボス会議)の場で、サーキュラーエコノミー(循環型経済)の分野での優良企業を表彰する「Circulars」の2018年受賞者を発表した。  同賞の発表は今年で4回目。運営にはITコンサルティング大手アクセンチュアも参加している。今年は45ヶ国から296社がエントリーした。受賞審査は、YGLと企業やNGOの廃棄物関連専門家で構成されている。Fo [...]

» 続きを読む

【国際】ダボス会議、イベントサステナビリティ認証ISO20121取得

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は1月26日、年次総会(ダボス会議)が、イベントサステナビリティ認証「ISO20121:2012」を取得したと発表した。第三者認証機関DNV GLが認証した。ISO20121はイベントの社会、経済、環境インパクトを管理するフレームワーク。イベント運営者がサステナビリティの実現に繋がるアクションを促す。  ダボス会議で採用されているサステナビリティ・アクションとしては、運営スタッフや参加者、メディアの渡航で [...]

» 続きを読む

【ランキング】2018年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」

Facebook Twitter Google+

※2019年度版は【ランキング】2019年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能性のある企業100社」へ  毎年恒例の世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)が、2018年は1月23日に開幕しました。ダボス会議の目玉のひとつは、サステナビリティの観点で世界各国の企業を評価する"Global 100 Most Sustainable Corporations in the World" (Glo [...]

» 続きを読む

【国際】世界経済フォーラム、グローバルリスク報告書2018年度版を公表

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は1月17日、1月22日から開催される年次総会(通称ダボス会議)に向け、「グローバルリスク報告書2018」を発表した。世界経済フォーラムは毎年ダボス会議のタイミングに合わせてこの「グローバルリスク報告書」を発表しており今回が13回目。  報告書の作成では、まず世界経済フォーラムの専門家メンバー999名に対し、アンケート調査「Global Risks Perception Survey(GPRS)」を実施し [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る