【国際】国連サミットにて新開発目標が採択 2015/09/27 最新ニュース

shutterstock_103350683

 米ニューヨークの国連本部で9月25日、国連加盟193ヶ国の首脳らが一堂に会する国連サミットが開幕し、2030年までの次の15年に向けた全17分野169項目に渡る新しい持続可能な開発目標(SDGs)が全会一致で採択された。

 SDGsは国連が2000年から2015年末までの目標として掲げてきたミレニアム開発目標(MDGs)の後継となる目標だ。MDGsでは極度の貧困と飢餓の撲滅や普遍的初等教育の達成などをはじめとする8つの目標が掲げられており、この15年間で大きな進展があったものの、未だ世界全体の課題は山積しているのが現状だ。

 今回のSDGsはMDGsを超えるより野心的かつ包括的な目標となっている。開発途上国だけではなく先進国も含む全ての国々を対象としており、貧困や格差解消や男女平等、健康と教育へのアクセス向上といった目標に加え、MDGsには含まれていなかった気候変動対策、持続可能な消費、イノベーション、平和で公正な社会の実現など幅広いテーマが盛り込まれている。

 UNDP(国連開発計画)総裁のHelen Clark氏は「我々の世代は気候変動による最悪の影響を回避することができる最後の世代であり、貧困を撲滅するための富と知識を持つ最初の世代でもある。このために、我々全員が勇敢なリーダーシップが求められている」と語った。

 SDGsは法的拘束力があるものではなく、目標達成状況の測定方法なども各国に委ねられているものの、今後各国政府は道義的責任に基づいて目標達成に向けた政策や制度を実行し、国連に毎年達成状況を報告することになる。

【参考サイト】SDGs
【参照リリース】World leaders adopt Sustainable Development Goals

(※写真提供:Sean Pavone / Shutterstock.com

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る