【EU】欧州委員会、サステナブルファイナンスに関するテクニカル専門家グループ委員35名任命 2018/06/19 最新ニュース

 欧州委員会は6月13日、サステナブルファイナンスに関するテクニカル専門家グループに選定された委員35名を発表した。欧州委員会は5月24日、サステナブルファイナンスの新たな法規制パッケージ案を発表しており、今回のテクニカル専門家グループはその中で設置が決定し、人選を行っていた。同グループは2018年7月から審議を開始する。

 同グループは、EUの政策の中で統一した基準を持つために、「サステナブル」の公式定義を定める。この中には、EUとしてのグリーンボンドの公式基準の策定も含まれる。2019年6月30日までに作業を終えることを目指すが、最長2019年末までの任期延長も認められている。

 委員を出した機関は、金融機関、NGO、事業会社、業界団体等。

  • AIG Europe(金融機関)
  • アリアンツ・グローバル・インベスターズ
  • ブルームバーグ
  • BNPパリバ・アセット・マネジメント
  • イタリア証券取引所
  • Carbone 4
  • 預託貸付公庫(Cassa Depositi e Prestiti)
  • CDP
  • 気候債券イニシアチブ(CBI)
  • Climate KIC
  • 欧州協同組合銀行協会(EACB)
  • 欧州財務アナリスト協会(EFFAS)
  • EnBW
  • 欧州電気事業連合(Eurelectric)
  • Finance Watch
  • Green Finance Cluster Frankfurt
  • GRI
  • 国際資本市場協会(ICMA)
  • KfW Bankengruppe
  • ルクセンブルク証券取引所
  • Mirova
  • MSCI
  • ノルデア銀行
  • 国連責任投資原則(PRI
  • 英国王立チャータード・サベイヤーズ協会(RICS)
  • スコール
  • SEB
  • スイス再保険
  • トムソン・ロイター
  • ユニリーバ
  • WiseEuropa
  • 世界自然保護基金(WWF)

【参照ページ】Commission announces members of the Technical Expert Group on Sustainable Finance

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る