【国際】持続可能な保険原則PSIと国際自治体組織イクレイ、「都市のための保険業界開発目標」制定 2018/06/27 最新ニュース

cities

 国連持続可能な保険原則(PSI)は6月22日、持続可能性を目指す地方自治体の国際組織ICLEI(イクレイ)のイベントの場で、新たな目標「Insurance Industry Development Goals for Cities(都市のための保険業界開発目標)」を制定した。保険業界と地方自治体が協働して、持続可能な都市開発を目指す。PSIとイクレイは2016年12月からパートナーシップを結んでいる。

 今回のイニシアチブは国連持続可能な開発目標(SDGs)の目標11「まちづくり」の達成に向け、取り組む10のゴールを設定した。ゴールには、気候変動や自然災害への耐性強化、汚染防止や健康促進、十分な社会インフラが受けられない個人や企業へのソリューション開発、持続可能なエネルギーや省エネ促進、リスク分析の深化、都市の持続可能な保険構築への支援等が含まれている。

 昨今、自然災害や気候変動の影響が高まるに連れ、損害保険の支払いが増えてきている。保険業界は、自治体と連携し、持続可能な社会づくりを急ぐ。イクレイには、現在世界約1,500の自治体が自主的に加盟。日本からも、東京都、愛知県、京都府、横浜市、名古屋市、豊田市、広島市、川崎市、北九州市、松山市、札幌市等が加盟している。

【参照ページ】The Insurance Industry Development Goals for Cities

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る