【国際】MSC、発展途上国の漁業事業者向け1.5億円ファンドを創設。サステナビリティ向上図る 2018/11/02 最新ニュース

 国際漁業NGOの海洋管理協議会(MSC)は10月29日、小規模漁業事業者や発展途上国の漁業事業者を対象としたサステナビリティ・ファンドを100万ポンド(約1.5億円)規模で発足した。経営資源の乏しい漁業事業者では、資金不足から長期的な持続可能な漁法への転換が遅れがち。今回資金を提供し、事業手法の転換を促していく。

 MCSは、2020年までにMSCプログラムを世界漁業事業者の20%に拡大し、2030年までには33%までさらに拡大するという目標を掲げている。今回のファンド創設もその一環。MSC認証の事前評価プログラムに参加し、対応が必要と判断された不足個所への対処について資金を提供する。詳細は2019年前半に発表する予定。ファンド資金は、企業、NGO、個人等から募る。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る