【日本】地裁、タイで腐敗行為の三菱日立パワーシステムズ元執行役員2人を執行猶予付き有罪。初の司法取引 2019/03/03 最新ニュース

 東京地方裁判所は3月1日、タイ公務員に贈賄を渡したとして、不正競争防止法違反罪に問われた三菱日立パワーシステムズ元執行役員2人に執行猶予付き有罪判決を言い渡した。一人は懲役1年6月、執行猶予3年。もう一人は懲役1年4月、執行猶予3年。求刑はいずれも懲役1年6ヶ月だった。また、今回は、2018年6月に運用が開始された日本の司法取引制度が初めて適用された事案で、捜査に協力した法人としての三菱日立パワーシステムズは不起訴となった。

 同事件は2015年2月、タイの火力発電所建設工事で資材を陸揚げする際に、現地公務員の運輸省港湾当局幹部から2,000万バーツを払えと言われたため、納期遅延や損害賠償金支払いをおそれ、1,100万バーツ(約3900万円)を港湾支局長に支払ったというもの。判決では、損害賠償金を避けるために賄賂に及んだという背景は認めつつも、数多くの関係者を巻き込み組織的に腐敗行為に及んだことを厳しく追及した。
 
 同事件について、被告の2人は起訴内容を認めていた。一方、発電所建設を統括していた元取締役も起訴されているが、起訴内容を否認しており、2人とは別で裁判が進められている。

 同事件では、三菱日立パワーシステムズが東京地検特捜部との間で司法取引に応じ、特捜部が指定した86点の資料提出や関係者の任意出頭にも協力した。そのかわりに不起訴にするという司法取引だった。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る