private 【ノルウェー】政府、公的年金GPFGでの石油・ガスダイベストメント方針発表。日本企業も5社対象 2019/03/12 最新ニュース

 ノルウェー政府は3月8日、公的年金基金GPFGの投資先から石油・ガス企業を除外する考えを示した。具体的には、FTSE Russellのセクター分類で、「石油・ガス」大分類の中の「探査・採掘」に分類されている企業が除外対象となる。ノルウェー財務省は、「オイル価格下落のボラティリティリスクを低減するため」と説明した。今後、国会、財務省、GPFGの3者で詳細を検討する。  GPFGは、運用資産総額が100兆円を超える世界有数の機関投資家。現在、GPFGは「探査・採掘」に関する企業に合計660億ノルウェークローネ(約8,400億円)投資しており、同ファンドの株式運用額の1.2%を占める。ノルウェー政府が今回発表した投資先除外対象企業リストには全部で150社の名前が記載されている。その中には、米マラソン・オイル、米オクシデンタル・ペトロリウムや、新興国も含めた石油・ガス大手が列挙されている。日本企業では、…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る