【国際】IEA、ビットコインとエネルギー消費量の関係を考察。ハッシュレートとの間に高い相関関係 2019/07/10 最新ニュース

【国際】IEA、ビットコインとエネルギー消費量の関係を考察。ハッシュレートとの間に高い相関関係 1

 国際エネルギー機関(IEA)は7月5日、暗号資産(仮想通貨)ビットコインのPoW(プルーフ・オブ・ワーク)で消費されるエネルギーに関しての考察を発表した。ビットコインのマイニング(採掘)速度を示した数値「ハッシュレート」が上がるにつれ、大量の電力が消費されていることをあらためて示した形。

 ビットコインに関する情報不足や、測定手法のばらつき、説明変数の多さとうにより、ビットコインのPoW過程に費やされているエネルギー消費量を換算することが容易ではない。しかし今回、IEAは、複数の手法でエネルギー消費量の算出を実施した。

 ハッシュレートとエネルギー消費量の分布図からは、両者には強い相関関係にあることがわかる。またPoWでは、時とともにハッシュレートは上昇し、それとともにビットコインの決済承認に費やされるエネルギーもどんどん増えてきている。

 しかし、2018年10月に「ビットコインが消費するエネルギー量だけで30年以内に気温を上昇させる」とした報道に対しては、現状マイニングの多くは、再生可能エネルギー電力が豊富な地域で行われている傾向にあり、必ずしもそこまで深刻ではないとの見方を示した。

 それでもIEAは、今後も暗号資産とエネルギー消費量の動向を注視していく考え。

【参照ページ】Commentary: Bitcoin energy use – mined the gap

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る