【国際】企業・NGO連合Exponential Roadmap、2030年までのCO2半減に向け36のソリューション提示 2019/09/26 最新ニュース

【国際】企業・NGO連合Exponential Roadmap、2030年までのCO2半減に向け36のソリューション提示 1

 気候変動緩和のための企業・NGOイニシアチブは9月19日、2030年までに世界の二酸化炭素排出量を50%削減するための36のソリューをまとめたレポートと、気温上昇を1.5℃に抑制するための提言を行うレポートを発表した。Exponential Roadmapには、世界自然保護基金(WWF)、エリクソン、Future Earth、Sitra Innovation Fund、Stockholm Resilience Centre、Mission 2020等がリードパートナーとして参加している。

 最初のレポートでは、コスト競争力のある太陽光発電、風力発電、バッテリー技術の3つで、収益性が高まっており、2030年までに発電からの二酸化炭素排出量を50%削減することが可能とした。また、電気自動車(EV)も、各国が強力な政策を導入することを前提に、2030年までに市場シェアを90%に引き上げるポテンシャルがあるとした。但し、いずれについても、環境破壊等を回避した持続可能な方法で実現する必要があるとした。

 デジタル革命については、急速に社会・経済変革を進め、二酸化炭素排出量を削減するポジティブな面と、消費電力が増加するネガティブな面の両方の可能性があると指摘した。社会・経済変革の点では、社会運動の活発化や、英国、フランス、ノルウェー、スウェーデン等の政府が野心的な政策を導入してきている潮流を示した。それ以外のソリューションとして、赤身肉の消費削減、商業海運の削減等を挙げた。

【参照ページ】Exponential Roadmap

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る