【アイルランド】政府、2021年までに使い捨て飲料容器に課税すると表明。使い捨てプラ削減で行動変化促す 2019/11/11 最新ニュース

【アイルランド】政府、2021年までに使い捨て飲料容器に課税すると表明。使い捨てプラ削減で行動変化促す 1

 アイルランドのリチャード・ブルトン通信・気候アクション・環境相は11月6日、使い捨て飲料容器に課税する通称「ラテ税」を2021年までに導入する考えを表明した。使い捨てプラスチックを削減するため、消費者の行動変化を促す狙い。

 課税は、コーヒー容器毎に0.25ユーロ(約30円)を課す方向で調整している。課税そのものに意味があるというより、消費者に対し再利用可能なカップを持ち運ぶことが目的。すでにアイルランドのカフェでは、再利用可能なカップを使うと値引きが受けられるところがある。

 アイルランドは、使い捨てビニール袋の有料化も早く、2002年に導入。現在、1枚あたり0.25ユーロが課されている。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る