【国際】ユニセフ「子どもの幸福度」38ヶ国ランキング、日本20位。生活満足度と友達作りが37位 2020/09/04 最新ニュース

【国際】ユニセフ「子どもの幸福度」38ヶ国ランキング、日本20位。生活満足度と友達作りが37位 1

 国連児童基金(UNICEF)のイノチェンティ研究所は9月3日、先進国及び新興国38カ国を対象とした「子どもの幸福度」ランキングを発表した。同ランキングの発表は前回が2013年で7年ぶりに実施。日本は2013年では6位だったが、今回は20位と大幅に順位を落とした。但し、前回と今回では測定項目が異なっている。

総合 国名 精神の健康 体の健康 スキル
1 オランダ 1 9 3
2 デンマーク 5 4 7
3 ノルウェー 11 8 1
4 スイス 13 3 12
5 フィンランド 12 6 9
6 スペイン 3 23 4
7 フランス 7 18 5
8 ベルギー 17 7 8
9 スロベニア 23 11 2
10 スウェーデン 22 5 14
11 クロアチア 10 25 10
12 アイルランド 27 17 6
13 ルクセンブルク 19 2 28
14 ドイツ 16 10 21
15 ハンガリー 15 21 13
16 オーストリア 21 12 17
17 ポルトガル 6 26 20
18 キプロス 2 29 24
19 イタリア 9 31 15
20 日本 37 1 27

 同ランキングでは、PISA(OECD生徒の学習到達度調査)や世界保健機関(WHO)等のデータを基にしており、精神の健康では「15歳児の生活への満足度」「15歳から19歳までの自殺率」の2項目、体の健康では「5歳から14歳までの死亡率」「5歳から19歳までの肥満率」の2項目、スキルでは「15歳児の国語と数学のレベル」「15歳児で友達作りが容易と感じる人の割合」の2項目で評価した。

 ランキング上位は、1位オランダ、2位デンマーク、3位ノルウェー。上位19位までは全てヨーロッパの国で、日本が20位だった。日本は、体の健康では、世界1位だったが、精神の健康で37位で下から2番目。スキルでも27位と低迷した。精神の健康では、生活の満足度が37位で全体を押し下げた。スキルでは、数学と国語のレベルは5位だったが、友達作りの評価で37位だった。

【参照ページ】World’s richest countries grappling with children’s reading and math skills, mental well-being and obesity
【レポート】Worlds of Influence

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る