private 【日本】新生銀行、サステナブルインパクト資本性ローン新設。サステナビリティでの目標合意を条件 2020/11/26 最新ニュース

 新生銀行は11月25日、資本性ローンにESG要素を取り入れた「サステナブルインパクト資本性ローン」の提供を開始すると発表した。ESG関連の所定の要件を充たすとともに、サステナビリティに関する目標に合意することを条件とする。同様のローン提供は日本初。

 資本制ローンとは、弁済順位が他の債務よりも劣後し、財務上の「負債」ではなく「資本」とみなされる借入金。「資本」を厚くすることができるため、バランスシートの改善に繋がり、他の借入がしやすくなる。また、期限一括償還が基本のため、資金繰りも改善できるメリットがある。

 今回新設された「サステナブルインパクト資本性ローン」は、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る