private 【コートジボワール・ガーナ】カーギルと国際人権NGOケア、カカオ農家支援の進捗報告。収益増や女性強化等 2021/02/23 最新ニュース

 食品世界大手米カーギルと国際人権NGOケア・インターナショナルは2月17日、コートジボワールおよびガーナでの、カカオのサステナビリティとカカオ農家の生活水準向上に向けた支援をまとめた進捗レポートを公表した。

 両者は60年以上、コミュニティ投資で協働。ブラジル、コスタリカ、コートジボワール、エジプト、ガーナグアテマラ、ホンジュラス、マリ、ニカラグア、インド、インドネシアの11カ国で25プロジェクトを展開し、農家270万人以上を支援してきた。

 西アフリカのカカオ生産量は、世界最大。ガーナとコートジボワールで、世界生産量の60%を占める一方、両国のカカオ農家へは、適切な収益分配が行われず、以前貧困層が多い。両者は、2008年からガーナ、2010年からコートジボワールでの共同プロジェクトを開始。児童労働防止、女性の強化、金融へのアクセス改善、生産能力の開発、収益の多様化、コミュニティ強化、食糧安全保障と栄養の確保等を進めてきた。

 両者はまず、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る