【アメリカ】ADM、イリノイ盆地で100万tのCCSに成功。イリノイ大学と協働 2021/05/21最新ニュース

 食品世界大手米アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)は5月19日、イリノイ大学と協働で、イリノイ盆地での炭素回収・貯留(CCS)プロジェクトに成功し、100万tの貯留を実施したと発表した。同社は、2035年までに2019年比で二酸化炭素排出量を25%削減する目標を掲げており、今回のプロジェクトもその一環。

 今回のプロジェクト「イリノイ盆地・ディケーター・プロジェクト(IBDP)」は、…

Links