private 【韓国】SK E&S、水素、再エネ、グリーンLNG等で2025年までにEBITDA4倍。事業大転換

Facebook Twitter Google+

 韓国ガス大手SK E&Sは9月1日、クリーンエネルギー事業を大幅に増強し、2025年までに時価総額35兆ウォン(約3.3兆円)を目指すと発表した。水素、再生可能エネルギー、エネルギーソリューション、グリーンLNGの4つを今後の事業成長戦略を柱に据えた。  まず、水素事業では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【カナダ】エクソンモービル、ブルー水素でバイオディーゼル精製。2024年から日量2万バレル

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手米エクソンモービルの石油子会社インペリアル・オイルは8月25日、カナダ・エドモントンのストラスコーナ製油所でのバイオディーゼル精製計画を発表した。日量約2万バレルを精製予定。同国の運輸による二酸化炭素排出量を年間約300万t削減できる見込み。2024年生産開始予定。  今回精製のバイオディーゼルは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【中国】中国石化、水素事業に5年間で5100億円投資。グリーン水素注力。CNOOCは海底CCS開始

Facebook Twitter Google+

 中国石油化工(シノペック)は8月30日、2021年から2025年までの「第14次5ヵ年計画期間」で、水素エネルギーに総額300億人民元(約5,100億円)を投資すると発表。二酸化炭素排出量を1,000万t以上削減の目標達成に向け、大きく前進する。  今回の発表では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】トタルエナジーズ、脱炭素化推進でアマゾンやヤラ等との提携強化。再エネ、CCS、バイオ等

Facebook Twitter Google+

 仏エネルギー大手トタルエナジーズ(旧名トタル)が、脱炭素化に向けた協働を加速している。同社とIT世界大手アマゾンは7月29日、両社の100%再生可能エネルギー移行とDX推進の加速のため、パートナーシップを締結すると発表した。  アマゾンは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】ADM、イリノイ盆地で100万tのCCSに成功。イリノイ大学と協働

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)は5月19日、イリノイ大学と協働で、イリノイ盆地での炭素回収・貯留(CCS)プロジェクトに成功し、100万tの貯留を実施したと発表した。同社は、2035年までに2019年比で二酸化炭素排出量を25%削減する目標を掲げており、今回のプロジェクトもその一環。  今回のプロジェクト「イリノイ盆地・ディケーター・プロジェクト(IBDP)」は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】デルタ航空、2030年カーボンニュートラルに向け投資分野発表。顧客との協働も

Facebook Twitter Google+

 航空世界大手米デルタ航空は4月22日、「二酸化炭素排出量削減」「ステークホルダー・エンゲージメント」「サプライヤー等との協働」の3分野を柱とするサステナビリティ戦略を発表した。同社は2月、2030年までの全事業での二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を目標として宣言していた。 【参考】【アメリカ】デルタ航空、2030年に事業全体でのカーボンニュートラル宣言。世界初(2020年2月27日)  二酸炭素排出量削減では、 ( [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】ハネウェルUOP、全米最大年間165万tのCCSプロジェクト開始。ヴァレロは500万tを計画

Facebook Twitter Google+

 米エネルギーWabash Valley Resourcesは4月12日、ブルー水素生産のためのCCS(炭素回収・貯留)プロジェクトで、重工業世界大手ハネウェルの石油精製子会社ハネウェルUOPを開発事業者に選定したと発表した。CCS(炭素回収・貯留)プロジェクトの規模は米国最大規模となる見込み。  ハネウェルUOPは今回、Wabash Valley ResourcesへCCS技術を提供し、米インディアナ州ウェストテレホートのガス化プラ [...]

» 続きを読む

private 【デンマーク】オーステッド、マイクロソフトら3社、CCS技術開発で覚書締結。過渡期の技術とも指摘

Facebook Twitter Google+

 デンマーク電力大手オーステッド、IT世界大手米マイクロソフト、ノルウェーCCS技術開発Aker Carbon Captureの3社は3月10日、オーステッド保有のデンマークのバイオマス発電プラントでの炭素回収・貯留(CCS)開発について覚書(MOU)を締結。デンマーク政府は、2030年までに二酸化炭素排出量70%削減を目標としており、今回のアクションは同目標に寄与すると語った。  3社は、二酸化炭素ネット排出量をマイナスにする「カー [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】エクソンモービル、CO2削減策でCCS導入重視姿勢を鮮明に。逃げ切り図る

Facebook Twitter Google+

 石油ガス世界大手米エクソンモービルは2月1日、炭素回収・貯留(CCS)技術の新事業部門「ExxonMobil Low Carbon Solutions」を設立したと発表した。石油ガス大手に対する気候変動での批判が高まる中、エクソンモービルはCCSプラントを世界20ヶ所以上に建設し、「回収」で逃げ切る戦略を明確にした。2025年までに30億米ドル(約3,200億円)を投資する。  ExxonMobil Low Carbon Solut [...]

» 続きを読む

private 【国際】国際NGO、CCUSへの過渡依存を危険視するレポートを2本発表。日本企業は投資加速

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手米シェブロンのCVCシェブロン・テクノロジー・ベンチャーズは1月14日、米カリフォルニア州サンノゼに本社を置く炭素回収・利用・貯留(CCUS)スタートアップのブルー・プラネット・システムズに出資したと発表した。ブルー・プラネット・システムズはシリーズCの資金調達を行っていた。今回の出資と同時に、両者は実証プロジェクトと提携する覚書も締結した。  ブルー・プラネット・システムズの技術は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る