private 【ヨーロッパ】カルフール、スペイン主要サプライヤー50社も「フード・トランジション・パクト」に参画

Facebook Twitter Google+

 小売世界大手仏カルフールは9月10日、同社が進める食品サステナビリティ・イニシアチブ「フード・トランジション・パクト」で、スペイン法人の主要サプライヤー50社と合意したと発表した。参画するサプライヤーは、環境や栄養面での改善にコミットする。  フード・トランジション・パクトは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アルゼンチン】カルフール、IBMのブロックチェーン技術で牛肉トレーサビリティ確保

Facebook Twitter Google+

 小売世界大手仏カルフールのアルゼンチン法人は7月26日、IT世界大手米IBMのブロックチェーン技術を活用し、同社ブランド「Huella Natura」のアルゼンチン牛肉商品の原産地や安全性、品質等の透明性とトレーサビリティを確保すると発表した。消費者は、スマートフォンで商品のQRコードを読み込むことで、同情報にアクセスできる。  同技術では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【フランス】カルフール、全食品に環境スコアをラベル表示。世界初。おむつの回収プログラムも開始

Facebook Twitter Google+

 小売世界大手仏カルフールは6月22日、同社小売店舗で販売する全食品を対象に、製品ライフサイクルアセスメント(LCA)で算出した環境スコア「Eco-score」を製品にラベル表示すると発表した。同社はこれまで、食品栄養情報アプリ開発米INNIT提供のパーソナライズ栄養スコアや、5色栄養表示等を行ってきた。今回ついに消費者の行動変容を期待し、環境スコアの表示に踏み切る。  「Eco-score」は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】イオンとカルフール、Loopと協働でリユース容器での商品販売開始。サーキュラー化

Facebook Twitter Google+

 イオンは5月25日から、サーキュラーエコノミー推進TerraCycleの容器回収・再利用事業Loopと協働し、「イオン」「イオンスタイル」の東京都の全17店舗と神奈川、千葉各1店舗、及びネットスーパーで、消費財や食品等を繰り返し使えるリユース容器を利用した商品販売の実証を開始した。対象商品は、ショッピングプラットフォーム「Loop(ループ)」に参画するメーカー6社で計13品目。今後、2021年8月末までに関東約50店舗に拡大する予定 [...]

» 続きを読む

private 【フランス】ロレアル、カルフール、TerraCycleら3社、化粧品容器・包装リサイクルで協働

Facebook Twitter Google+

 化粧品世界大手仏ロレアル、小売世界大手仏カルフール、サーキュラーエコノミー推進TerraCycleの3社は3月17日、化粧品容器・包装のリサイクル加速に向け、協働すると発表した。カルフール331店舗で、回収箱を設ける。  ロレアルとTerraCycleは2020年6月から協働。フランス国内で (さらに…)

» 続きを読む

private 【ポーランド】カルフール、全店舗で消費期限切れ直前の食品を最大90%値引き。食品ロス最少化

Facebook Twitter Google+

 小売世界大手仏カルフールは1月21日、ポーランドのスーパーマーケット全店舗で消費期限切れ直前の食品を最大90%値引き販売するキャンペーン「STOP Wasting Food」を開始すると発表した。食品ロスを削減するとともに、頻繁に店舗を訪れる人に安く購入する機会を提供するという。  同社は現在、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】P&G、海洋廃棄プラスチック素材をシャンプーボトルに活用。欧州市場で販売

Facebook Twitter Google+

 食品・消費財世界大手P&Gは1月19日、同社の主力商品で世界1位の市場シェアを持つシャンプー「H&S」の商品容器に、海洋廃棄プラスチックからリサイクルした素材を25%利用する試みを発表した。この取組のため、リサイクル関連事業企業TerraCycleとSUEZの2社とパートナーシップを結ぶ。海洋廃棄プラスチックを用いた容器を使ったシャンプーは、限定ボトルとして今年の夏に仏カルフールの店頭に並ぶ。同社によると、海洋廃棄プラスチックをシャ [...]

» 続きを読む

【国際】食品業界世界大手ら20社、森林破壊撲滅のための新たな監視ツール開発でパートナーシップ締結

Facebook Twitter Google+

 食品メーカーや食品商社、小売業者世界大手など約20社は1月18日、世界経済フォーラム年次総会(通称、ダボス会議)の場で、食品業界での森林破壊を防ぐため監視体制を強化するパートナーシップを発足させたと発表した。これまで、世界全体で非常に数多くの企業が森林破壊を撲滅することを宣言しているが、今回のパートナーシップを立ち上げた企業らは、サプライチェーン全体のさらなる透明性の確保とトレーサビリティの向上が必要だとしている。  現在、世界食品 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る