【国際】アップル、シスコ、エーオン、アリアンツ、総合サイバーリスク管理サービスで連携

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米アップル、米シスコと、保険世界大手米エーオン、独アリアンツの4社は2月5日、新たな企業向けサイバーリスク管理サービスで連携すると発表した。アップルとシスコがサイバーセキュリティ対策技術を、エーオンがサイバーレジリエンス評価サービスを、アリアンツがサイバーセキュリティ保険を提供し、パッケージで販売する。近年、ハッキング等のサイバーリスクが世界的に高まっている。  サイバーセキュリティの分野では、企業の対策投資が活発化して [...]

» 続きを読む

【日本】経産省、「サイバーセキュリティ経営ガイドラインver. 2.0」発行。ESG課題としても注目

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は11月16日、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)と協力し、経営者がリーダーシップをとってサイバーセキュリティ対策を推進するための指針となる「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を改訂し、「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer 2.0」を発行した。同ガイドラインは2015年12月に策定。昨今サイバー攻撃が激化しており、サイバー攻撃を受けていること自体に企業が気づかないケースも増えてきており、対応を強化するため今 [...]

» 続きを読む

【国際】世界エネルギー会議、異常気象、ハッキングなどエネルギー業界の新たなリスクを報告

Facebook Twitter Google+

 エネルギー産業の世界団体である世界エネルギー会議(WEC)は9月13日、エネルギー業界に脅威をもたらす新たなリスクをまとめた報告書「The Road to Resilience: Financing resilient energy infrastructure」を発表した。WECは、今後対処が求められていくリスクとして、「異常気象の高頻度発生」「エネルギーの水依存」「サイバーセキュリティ」の3つを挙げた。世界エネルギー会議は196 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ウェルズ・ファーゴ、退役軍人のサイバーセキュリティ就職を支援

Facebook Twitter Google+

 金融機関世界大手の米ウェルズ・ファーゴは4月26日、退役軍人のIT業界へのセカンドキャリアを支援する団体、VetsinTech(ViT)に50,000米ドル(約535万円)を寄付すると発表した。ViTのスポンサーには、マイクロソフト、フェイスブック、マカフィー、アクセンチュア、シスコシステムズなど、米国のIT業界を代表する企業が多数名を連ねている。これらの強力なネットワークを通じて、ViTは退役軍人に対して、IT教育、IT業界起業支 [...]

» 続きを読む

【国際】テクノロジーの発展が生む新たなプライバシー課題とは?RepRiskらが事例研究

Facebook Twitter Google+

 ESGリスク分析・情報提供大手のRepRisk社およびGECリスクアドバイザリー社は7月1日、テクノロジーの発達により近年増加しつつあるプライバシー課題についての特別共同報告書、"RepRisk and GEC Risk Advisory Joint Special Report on Privacy Issues"を公表した。  同報告書は、世界各地で起こった企業によるプライバシー問題の事例研究をしたもので、各事例について、問題の [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る