【ベルギー】ネスレ・ウォーターズの「Valvert」、再生プラ100%のペットボトルに全面転換達成

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレの仏子会社ネスレ・ウォーターズは7月10日、ベルギーで販売しているミネラルウォーター「Valvert」が再生プラスチック(rPET)100%のペットボトルに切り替わったと発表した。ネスレ・ウォーターズの世界全商品の中で、rPET100%を実現したのは同製品が初。  同社は2018年、ベルギー食品工業連盟(Fevia)に加盟する8社とともに、2022年までにベルギーで発生する飲料ボトルの90%を回収し、リサイ [...]

» 続きを読む

private 【ベルギー】金融業界団体febelfin、投資商品の「Sustainable」「Socially Responsible」を独自に定義

Facebook Twitter Google+

 ベルギー金融機関業界団体febelfinは2月7日、EUがが5月24日に発表したサステナブルファイナンス政策パッケージの内容に基づき、金融商品に用いられる「Sustainable」及び「Socially Responsible」の非公式品質基準を示した「A Quality Standard For Sustainable and Socially Responsible Financial Products」を発行した。加盟金融機関 [...]

» 続きを読む

【ベルギー】C&A、世界初のCradle to Cradleゴールド認証取得ジーンズを開発。29ユーロで販売

Facebook Twitter Google+

 アパレル世界大手ベルギーC&Aは8月16日、サステナビリティ認証「Cradle to Cradle」でゴールドレベルを取得したジーンズを販売すると発表した。Cradle to Cradleゴールドのジーンズ販売は世界初。  Cradle to Cradle認証は、独コンサルティングMBDCが2012年に創設し、現在は独立NGOのCradle to Cradle Products Innovation Instituteが管理しチエル [...]

» 続きを読む

【ベルギー】政府、グリーンボンド国債(OLO)45億ユーロ発行。世界6番目の発行国

Facebook Twitter Google+

 ベルギー債務管理庁は2月26日、同国初となるグリーンボンド国債(OLO)の発行条件を決定した。発行額45億ユーロ(約5,900億円)。発行日は3月5日。グリーンボンド国債の発行は、ポーランド、フランス、フィジー、ナイジェリア、インドネシアに次いで6カ国目となる。  同グリーンボンドの償還期間は15年で、償還日は2033年4月22日。クーポン1.250%(MS-14bps)。格付はムーディーズAa3、S&PはAA。グリーンボンドとして [...]

» 続きを読む

【エネルギー】世界各国の発電供給量割合[2017年版](火力・水力・原子力・再生可能エネルギー)

Facebook Twitter Google+

世界の発電供給量割合  こちらの図は、国際エネルギー機関(IEA)が公表している最新データベース「Key World Energy Statistics 2017」をもとに、2015年のデータをまとめたものです。こちらのデータにより各国の状況を横並びで比較することができます。 (出所)IEA "Key World Energy Statistics 2017"をもとにニューラル作成 世界全体の発電手法(2015年) 石炭   :39. [...]

» 続きを読む
2018/02/14 体系的に学ぶ

【国際】ベルギー健康・環境NGOのHEAL、化石燃料補助金がもたらす健康被害の影響を報告

Facebook Twitter Google+

 ベルギー環境・健康NGOのHEAL(Health and Environment Alliance)は7月27日、石炭・石油・ガス業界への補助金がもたらした市民の健康被害影響を分析した報告書「Hidden Price Tags: How ending fossil fuel subsidies would benefit our health」を発表した。毎年、化石燃料燃焼による大気汚染により、呼吸器疾病、脳卒中、心臓病、肺がん、慢 [...]

» 続きを読む

【日本】三菱商事と伊藤忠商事、ヨーロッパ洋上風力発電事業への参画を相次いで表明

Facebook Twitter Google+

 三菱商事は12月14日、ベルギー最大の洋上風力発電事業「ノーザー洋上風力発電所」に参画すると発表した。ノーザー洋上風力発電所はベルギー沖合約23kmの北海海域に2017年1月から建設を予定しており、2019年夏頃の運転開始を目指している。発電設備容量は約370MW。三菱商事はまず、同社の英国100%子会社Diamond Generating Europeと、同社と戦略提携を結んでいるオランダ公営の総合エネルギー事業会社Enecoで5 [...]

» 続きを読む

【環境】二酸化窒素濃度の高い国 ー中国・日本・イタリア・ドイツ・ベネルクス・英国ー

Facebook Twitter Google+

気候変動と大気汚染  大気に関連する環境問題でよく耳にする言葉があります。気候変動と大気汚染。両者は全く別のものではあるのですが、同じ大気環境の話なのでよく混同しがちです。気候変動とは、広く気候条件が変化することを指しますが、特に最近では温室効果ガスにより地球の温度が上昇していく傾向のことを指します。温室効果ガスの種類にはいくつかあり、その中で最大のものが二酸化炭素(CO2)です。その他にもメタン、一酸化二窒素(N2O)、フロンガスな [...]

» 続きを読む
2016/01/13 体系的に学ぶ
ページ上部へ戻る