【中国】清華大学、NGO等、一帯一路政策での投資には脱炭素化が必要と警鐘。CO2排出増懸念

Facebook Twitter Google+

 清華大学の金融開発センター(CFD)、英Vivid Economics、米ClimateWorks Foundationの3者は9月2日、中国政府が進める「一帯一路政策」において、脱炭素に向けた強力なアクションが必要だと共同提言した。同発表はパリ協定の目標の達成に向けたもの。目下、一帯一路政策では、12兆米ドル(約1,300兆円)の投資が予定さており、これらの投資を脱炭素に向けたものにする必要があると警鐘を鳴らした。  今回発表の3 [...]

» 続きを読む

【国際】国連グローバル・コンパクト、一帯一路フォーラムの共同コミュニケを歓迎

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)は4月30日、北京で開催された第2回一帯一路国際協力フォーラムで採択された共同コミュニケを歓迎すると発表した。同コミュニケでは、国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向け、国連グローバル・コンパクトの10原則を支持することを盛り込んだ。中国の習近平国家主席は、一帯一路政策をSDGsと紐づけて推進する姿勢を強化している。  今回の共同コミュニケは、首脳円卓会議の中で採択された。同会議に参加した [...]

» 続きを読む

private 【国際】一帯一路のためのグリーン投資原則(GIP)に28社署名。日本ではみずほ銀行も

Facebook Twitter Google+

 英シティ・オブ・ロンドン自治体(シティ・オブ・ロンドン・コーポレーション)のグリーンファイナンス・イニシアチブ(GFI)と中国金融学会のグリーンファイナンス専門委員会は4月24日、2018年11月に発表した「一帯一路のためのグリーン投資原則(GIP)」に28社が署名したと発表した。 【参考】【イギリス・中国】英中グリーンファイナンス・タスクフォース、「一帯一路のためのグリーン投資原則」発表(2018年12月6日)  同原則は、 (さ [...]

» 続きを読む

private 【イギリス・中国】英中グリーンファイナンス・タスクフォース、「一帯一路のためのグリーン投資原則」発表

Facebook Twitter Google+

 英シティ・オブ・ロンドン自治体(シティ・オブ・ロンドン・コーポレーション)のグリーンファイナンス・イニシアチブ(GFI)と中国金融学会のグリーンファイナンス専門委員会は11月30日、第3回英中グリーンファイナンス・タスクフォース会議を北京で共催。現時点での進捗報告レポートの中で、「一帯一路のためのグリーン投資原則(GIP)」を発表した。  同原則は、 (さらに…)

» 続きを読む

【中国】独シーメンス、北京で一帯一路国際サミットを開催。中国企業との提携多数まとめる

Facebook Twitter Google+

 独総合電機大手シーメンスは6月6日、一帯一路国際サミットを北京で開催した。サミットには30以上の国・地域から、1,000名を超す政府、企業、投資家、金融機関、シンクタンクの幹部が参加した。サミットの場で、シーメンスは中国企業と10件以上のEPC(設計・調達・建設)プロジェクト合意に至った。  今回シーメンスが契約した中国企業は、中国葛洲壩集団、広東粤電集団、中国化学工程、中国鉄建、中国土木行程集団、華潤水泥等。プロジェクト内容はイン [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る