【国際】ILO、「世界の雇用及び社会の見通し」2019年版発行。雇用の質に大きな課題

Facebook Twitter Google+

 国際労働機関(ILO)は2月13日、「World employment and social outlook(世界の雇用及び社会の見通し)」の2019年版を発行した。世界の雇用人口33億人のうち、多くがディーセント・ワークや平等な雇用が欠けている労働環境に置かれていると発表した。国連持続可能な開発目標(SDGs)の目標8「すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する」 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る