【日本】厚労省、福島第一原発での廃炉・除染作業への特定技能外国人活用で慎重検討を通達

Facebook Twitter Google+

 厚生労働省は5月21日、新しい外国人就労制度「特定技能ビザ」で外国人労働者を福島第一原子力発電所での廃炉や除染作業に従事させるという東京電力の計画に対し、慎重に検討するよう求める通達「東京電力福島第一原子力発電所における外国人労働者に対する労働安全衛生の確保の徹底について」を発出した。  今回の通達では、東京電力ホールディングスに対し、発電所構内で行われる放射線関連業務について、「安全衛生管理体制の確立」「リスクアセスメント及びその [...]

» 続きを読む

【日本】日本経済研究センター、福島第一原発事故処理費用を81兆円と試算。経産省試算の4倍

Facebook Twitter Google+

 公益社団法人日本経済研究センターは3月7日、福島第一原子力発電事故の2050年までの処理費用が、前回2017年3月に試算した約70兆円から大幅に膨らみ、最大81兆円となると発表した。経済産業省も2016年に処理費用を試算し、約22兆円としたが、遥かに増える見通しとなってきた。同センターは、政府や電力業界に対し、原発を維持する理由の説明が足りないと批判した。  日本経済研究センターは、1963年設立。約340の企業・団体を会員とするシ [...]

» 続きを読む

【日本】環境省、福島第一原発の除染情報サイトをリニューアル。英語版の除染事業誌も発行

Facebook Twitter Google+

 環境省は3月11日、東京電力福島第一原子力発電所の事故により、環境中に放出された放射性物質を取り除くための除染等に関する情報サイト「除染情報サイト」をリニューアルした。「特定復興再生拠点区域」の除染、仮置場等における除去土壌等の保管量の推移や原状回復等に関する情報を追加した。  環境省によると、2018年3月に放射性汚染物質の面的除染が完了し、福島県内では仮置場等の解消や帰還困難区域における特定復興再生拠点区域の整備が進んでいるとい [...]

» 続きを読む

【日本】国連人権特別報告者、日本政府の福島原発事故避難者の帰還政策停止を要請。被曝許容量も問題視

Facebook Twitter Google+

 国連人権理事会(UNHRC)から任命されたバスクト・トゥンジャク(Baskut Tuncak)特別報告者は10月25日、人権及び有害物質・廃棄物に関する第1回の特別報告書を国連総会に提出。有害物質及び有害廃棄物に関する重要課題と国連持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けた2020年以降のフレームワークを提言した。特に、福島第一原子力発電所事故後に日本政府が、被曝放射線量の許容限度を年間1ミリシーベルトから20ミリシーベルトに引き上 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る