【ケニア】グーグル、アフリカ最大の風力発電プロジェクトへ投資

Facebook Twitter Google+

 米IT大手のグーグルは10月20日、新たにケニア北部のトゥルカナ湖風力発電プロジェクトへ投資すると発表した。完成すれば、同発電所はアフリカ最大の風力発電所としてケニアの電力網に310メガワットのクリーンエネルギーを供給することになる。これは200万世帯以上の消費電力に相当し、ケニアの電力網の15%を占める電力量だ。世界で最も経済が急成長しているケニアにおいて、エネルギー供給の安定性向上および化石燃料への依存度低下につながることが期待 [...]

» 続きを読む

【国際】Google、Microsoft、Walt Disney、BMWら、CSRにおいて最も名声ある企業に選出

Facebook Twitter Google+

コーポレート・レピュテーションに特化したリサーチ・コンサルティング会社のReputation Institute(以下RI)は12月3日、CSR分野において高い名声を得ているグローバル企業トップ100社ランキング、2014 CSR RepTrak® Studyを公表した。 2014年度の最新ランキングでは2012年、2013年と首位の座を占めていたMicrosoftを抑え、Googleがトップに選ばれた。また、Walt Disney、 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】Amazon、AWSの運営を100%再生可能エネルギーへ

Facebook Twitter Google+

AppleやGoogle、Facebookに引き続き、これまで再生可能エネルギーについては沈黙を保ってきたAmazonも、ついに11月の中旬に同社のクラウドサービス部門、AWS(Amazon Web Service:アマゾン・ウェブ・サービス)の運営を100%再生可能エネルギーにするという誓約を発表した。 IT業界ではここ数年、 AppleやGoogle、Facebookなどの大手企業らがGreen PeaceなどNGOなどからの圧力 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】憲法の草案作成を支援するGoogleのアイデアとは?

Facebook Twitter Google+

世界では毎年5つの新しい憲法が生まれ、10から20の憲法が修正を加えられているという事実をご存知だろうか?もしくは、2000年以降、世界中で生まれた39の憲法のうち、19の憲法はアフリカから生まれたという事実をご存知だろうか?幾度にわたる民族紛争や軍事衝突を乗り越え、ようやく新たな国家として独立することに成功した国にとっては、憲法の作成プロセスそのものが非常に重要な意味を持つ。憲法とは国家のアイデンティティそのものであり、その国の原理 [...]

» 続きを読む
2014/01/30 最新ニュース
ページ上部へ戻る