Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【イギリス】ヴェオリア、英国祭典で生成されたゴミ処理に協力 2016/09/15 最新ニュース

notting-hill-carnival

 総合環境サービス世界大手Veoliaの英国法人は8月26日、英国ウェストミンスター市議会が8月28日、29日に主催する祭典「ノッティング・ヒル・カーニバル」の開催後に、イベントを通じて産出された大量のごみ処理の協力を行うと発表した。「ノッティング・ヒル・カーニバル」は世界で2番目に大きな祭典だと言われており、1周間をかけて行われるイベントに約200万人が訪れる。イベントの終了時には開催地の5.6kmの路上に約200トンのゴミが散在しているのが通常で、ごみ処理が課題となっていた。

 Veolia社が提供したのは従業員170名とごみ処理車両60台。15チームに分かれ、ゴミをリサイクル製品とそうでないゴミに一斉に分別を行い。リサイクルできないゴミは廃棄物火力発電の燃料として処理上に送られた。発電量は約9万kWhの電力となりロンドン地域で使用されるという。

【参照ページ】Carnival clear up!

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る