Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【イギリス】ユニリーバ、プラスチック容器を2025年までに100%再利用・堆肥化可能にすると宣言 2017/02/14 最新ニュース

 消費財世界大手ユニリーバは1月14日、2025年までに100%のプラスチック容器を再利用、リサイクル、堆肥化できるようにするというコミットメントを発表した。循環経済への進展を加速させる。

 エレン・マッカー財団の調査によると、世界で使用されているプラスチック容器のうちリサイクルされているのはわずか14%。残り40%は埋立廃棄されており、さらに約33%は、海洋や陸上などに投棄されたままの状態になっている。2050年までには、世界の海に生息する魚よりも多くのプラスチックが地球上に存在するという計算もある。

 このプラスチック容器問題に対応するため、ユニリーバは3つの事項に取り組むことを宣言した。

  1. 2025年までに100%プラスチック容器を再利用、リサイクル、堆肥化可能なものにする
  2. エレン・マッカー財団の会員をさらに3年間継続し、New Plastics Economyイニシアチブをサポートする。この一環として、2020年までに容器プラスチック素材の色素成分を公表し、業界向けのプラスチック・プロトコルを作成する
  3. 海洋プラスチックの発生源となっている沿岸地域での環境保全対策に業界とともに投資する

 ユニリーバは、同社の中長期サステナビリティ戦略である「サステナブル・リビング・プラン」の中で、2020年までに容器重量を3分の1減量し、2025年までにリサイクル可能なプラスチック容器の割合を2015年比で25%以上増加させることを掲げている。さらに2015年には、全製造工程で埋立有害廃棄場をゼロにするという目標を達成している。今回は、それに加え、より高い目標を掲げたことになる。

【参考】組織変革に寄与するサステナビリティ 〜ユニリーバに学ぶ長期成長戦略とは〜(2015年7月29日)

 同社は、プラスチック容器を貴重な資源として扱うことは、国連持続可能な開発目標(SDGs)の目標12「持続可能な消費と生産」を達成する上での重要な優先事項だとしている。

【参照ページ】Unilever commits to 100% recyclable plastic packaging by 2025

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る