【フランス】マクロン新政権、新規石油・ガス採掘プロジェクトを停止する政策を表明 2017/06/29 最新ニュース

 マクロン政権のニコラ・ユロ国務大臣兼環境連帯移行大臣は6月24日、気候変動への対応を進めるため、石油・ガス採掘プロジェクトへの新たな許認可発行を停止する法案を国会に提出する計画を公表した。これが実現すると、フランスでは新規の石油・ガス採掘を全面的に禁止されることになる。ユロ大臣によると同法案は今秋にも国会を通過する見通しだという。さらに同大臣は、新たなディーゼル課税を含めた大気汚染抑制政策を推進していく考えも見せた。ユロ大臣は、大臣就任前は環境活動家として活動。エマニュエル・マクロン新大統領の組閣人事で5月17日に環境連帯移行大臣に抜擢された。

 今回発表された政策は、エマニュエル・マクロン大統領が大統領選挙中に公言した再生可能エネルギー推進政策の一環。英インディペンデント紙によると、マクロン大統領は、化石燃料から再生可能エネルギーへの早急な転換を測ろうとしているが、ユロ大臣は早急な転換には法廷闘争をもたらすリスクがあると現実路線を示し、政権内で段階的な転換を唱えているという。

 フランスは、オランド前政権時代の昨年、原子力発電割合を2025年までに50%に引き下げる法律を制定おり、マクロン大統領も同様に原子力発電比率を引き下げることも決めている。さらにマクロン大統領は、最終的に全電源を再生可能エネルギーに転換させる構想も描いているが、具体的な時期についての明言は避けている。

【参考】【環境】フランスのエマニュエル・マクロン新大統領のエネルギー・環境政策の骨子(2017年5月12日)

【参照ページ】France to ban all new oil and gas exploration in renewable energy drive

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る