【国際】2050年までに太陽光・風力で世界電力の50%を発電。BNEF2018年レポート 2018/06/25 最新ニュース

 英エネルギーデータ大手ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)は6月19日、2050年までの各国の電力供給を予測したレポート「New Energy Outlook 2018」を発表した。2050年までに太陽光発電と風力発電で世界の電力の50%を供給していると分析した。  今回のレポートは、太陽光発電や陸上・洋上風力発電の技術発展、電気自動車(EV)の普及等の変化を織り込み、2050年までの長期予測を行った。また、世界主要12カ国については各国ごとの長期予測も行った。2050年までには世界全体で太陽光発電と風力発電が電源の50%を構成。水力発電、原子力発電、他の再生可能エネルギー発電を加えると…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る