【国際】世界銀行、女性の権利平等指数レポート2019年版発表。日本はG7最下位でトルコと同程度 2019/03/05 最新ニュース

 世界銀行グループの国際復興開発銀行(IBRD)は2月27日、世界各国のジェンダー平等の状況をまとめたレポート「女性・ビジネス・法律(Women, Business and the Law)」の2019年版を発表した。同レポートは2010年から開始し、2年後に状況を報告してきたが、今年は特別に発行され、2009年からの状況を振り返った。世界平均で女性が享受できている法的権利の度数は、2009年の70.1から2018年には74.7に改善したが、完全平等を示す100には程遠いことがわかった。  同レポートでは、法的権利として、「移動の自由」「就職」「報酬」「結婚」「出産後の就労」「会社経営」「不動産所有や相続」「年金」の8項目を評価し、国毎の総合スコアを出している。完全平等は100で、2009年には100を取れた国はゼロ。しかし2018年には、ベルギー、デンマーク、フランス、ラトビア、ルクセンブルク、スウェーデンの6カ国が100を獲得した。日本は…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る