【国際】「風力発電は2050年までに電力全体の30%を占める」ノルウェー認証大手DNV GL予測 2019/12/05 最新ニュース

【国際】「風力発電は2050年までに電力全体の30%を占める」ノルウェー認証大手DNV GL予測 1

 ノルウェー認証大手DNV GLは11月27日、風力発電の予測を発表。2050年までに風力発電は電力全体の30%を占めるまでに成長すると見立てた。そのうち12%が洋上風力で、18%が陸上風力。英国では2019年に大規模風力発電所の発電価格が、2017年からさらに30%低下。1kWh当たり0.05105米ドル(約5.54円)を記録したという。

 今回DNVは、風力発電が今後大きく伸長するためのファクターとして12個を提示した。各々について分析、説明した。

  • 洋上風力発電伸長のための政策の役割
  • 風力タービン設計
  • 浮体式洋上風力発電の勃興
  • 新興国でのサプライチェーン構築
  • エネルギー移行を進めるための越境洋上風力送電網の整備
  • 補助金なし時代のファイナンス
  • パフォーマンス最大化とコスト削減
  • 欧州の風力発電所開発事業所の新興国での機会獲得
  • サイクロンや地震への対応
  • 洋上風力発電のリスク低減
  • 米国での洋上風力発電産業の進展
  • 将来見通し

【参照ページ】Huge offshore wind potential exists around the world as wind set to power 30% of global electricity production by 2050

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る