【国際】UNEP、将来パンデミックリスク緩和に向け人獣共通感染症のマッピング作業強化 2020/05/16 最新ニュース

【国際】UNEP、将来パンデミックリスク緩和に向け人獣共通感染症のマッピング作業強化 1

 国連環境計画(UNEP)は5月12日、将来のパンデミックリスクを緩和するため、人獣共通感染症のマッピング作業を強化すると発表した。インフルエンザウイルスやコロナウイルスは、人獣共通感染症で、動物がウイルスを運ぶ過程で変種が表れ、新型コロナウイルスのようなパンデミック性の高い種が出現する。

 今回発表のアクションは、UNEPが同日に発表した「新型コロナウイルスへの対応」プログラムの一つ。同プログラムでは、新型コロナウイルス・パンデミックを受けてのUNEPの対策として、「医療対応で使用されている医薬品、医療用防具等の大量使用による環境汚染」「生態系研究強化」「グリーンリカバリーと持続可能な消費の推進」「国際的な環境ガバナンスの強化」の4つを挙げた。このうち2番目の「生態系研究強化」の中に、人獣共通感染症のマッピング作業が入る。

 感染症の対策では、これまでのようにWHO(世界保健機関)を中心としたヒト感染症、FAO(国連食糧農業機関)を中心とした動物感染症だけでなく、感染経路全体での対策を要する生態系アプローチが重要になってきている。そのため、生態系を所管するUNEPが感染症対策でも貢献していく。

【参照ページ】UNEP steps up work on zoonotics, protecting environment to reduce pandemic risks

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る