private 【ドイツ】政府、女性執行役1人以上を法定義務化する法案承認。執行役4人以上の上場企業対象 2021/01/19 最新ニュース

 ドイツ連邦政府は1月6日、上場企業のマネジメントボード(執行役会)に女性取締役を一人以上選任することを義務化する法案を閣議決定した。今後、国会での立法手続に入る。

 ドイツのコーポレートガバナンスでは、株式代表と労働者代表で構成されるスーパーバイザリーボード(監査役会)と、経営の執行を担うマネジメントボード(執行役会)の二階層システムを採用しており、株主総会で株主代表側の監査役と執行役を選任し、監査役会が執行役会を監督する権限を持っている。また従業員2,000人以上の企業は、労働者が監査役会に株主代表と同数の代表を選出することが義務付けられている。

 ドイツの取締役ダイバーシティでは、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る