【日本】RAN、明治を東京五輪組織委員会に通報。パーム油サプライチェーンで森林破壊等の疑い 2021/07/09 最新ニュース

【日本】RAN、明治を東京五輪組織委員会に通報。パーム油サプライチェーンで森林破壊等の疑い 1

 国際環境NGOレインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)と熱帯林行動ネットワーク(JATAN)は7月8日、明治ホールディングス傘下の明治に関し、東京五輪ライセンス商品におけるパーム油調達が東京五輪「持続可能性に配慮した調達コード」に違反した疑いがあるとして、パーム油の利用が本格化する東京オリンピック開幕直前に東京2020組織委員会へ通報した。

 RANとJATANによると、明治が2019年7月に販売開始した東京2020公式ライセンス商品「チョコレートスナック」で、原料として使用しているパーム油のサプライチェーンで、現地での違法農園開発、泥炭地及び熱帯林破壊、地域住民の土地権侵害等に関与する企業が含まれている疑いがあることが明らかになったという。2021年6月にも、森林破壊に関与して問題となっているインドネシア現地企業からのパーム油が日本を含むサプライチェーンから排除できていないことが見つかったと主張している。

 東京五輪「持続可能性に配慮した調達コード」の「持続可能性に配慮したパーム油を推進するための調達基準」では、法令遵守、環境保全、先住民族等の権利尊重の基準を満たした形での生産を求めている。

 明治は、RSPO「マスバランス」方式のパーム油を調達していることから、実質的には非認証油が実物としてサプライチェーンに混合される可能性があり、RANとJATANはその問題も指摘している。

【参照ページ】プレスリリース:明治を東京五輪パーム油調達コード違反で通報〜ライセンス菓子商品について〜(2021/7/9)
【画像】RAN

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る