private 【国際】国連機関、各国政府の農業支援に是正要請。気候変動を悪化。G20農相会合も開催 2021/09/19 最新ニュース

 国連食糧農業機関(FAO)、国連開発計画(UNDP)、国連環境計画(UNEP)は9月14日、世界の食料システムを変革するための農業支援を各国政府に提言するレポートを発行した。世界の農業支援額は年間5,400億米ドル(約59兆円)だが、そのうち4,700億米ドル(約52兆円)は、市場価格を歪め、環境や社会に悪影響を与えていると指摘した。

 同レポートによると、世界の農業支援額の年間5,400億米ドルは、農業生産額全体の15%を占めており、2030年には3倍以上の1兆7,590億米ドルにまで増加すると予測。支援の多くは、輸入関税や輸出補助金等の価格インセンティブや、特定の商品や投入物の生産に連動した財政補助金が中心となっているが、同レポートは、これらの施策は非効率的、食料価格を歪め、人々の健康を害し、環境を悪化させると厳しく批判。また、多くの場合、女性が多い零細農家よりも大規模な農業ビジネスを優先させるという不公平さがあることも言及した。

 農業支援の金額では、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る