private 【EU】EU理事会、2027年までの共通農業政策を採択。気候、生態系、動物福祉、労働慣行を導入 2021/12/05 最新ニュース

 EU理事会は12月2日、2023年から2027年までの共通農業政策(CAP)を正式に採択した。EU予算の3分の1を占める農家向け補助金施策のCAPで、気候変動緩和、生物多様性、動物福祉、労働慣行が組み込まれた。今後、EU理事会と欧州議会で関連ルールの改正が行われ、官報に掲載。2021年1月1日までに加盟国は、国別戦略の草案を欧州委員会に提出し、欧州委員会がフィードバック。その後、2023年に発効する流れとなる。

 今回のCAP改革は、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る