【アメリカ・ロシア】エクソンモービル、サハリン1含むロシア事業から撤退。テキサスではブルー水素 2022/03/02最新ニュース

 石油ガス世界大手米エクソンモービルは3月1日、石油開発プロジェクト「サハリン1」運営企業からの撤退を発表した。手続きを進める。また、ロシアでの事業開発には今後参画しないことも表明した。BPやシェルに続いた。

【参考】【イギリス・ロシア】BP、ロスネフチ全株売却決定。ロシア事業から撤退(2022年2月28日)
【参考】【イギリス・ロシア】シェル、ノルド・ストリーム2含むガスプロムとの事業を終了。ロシアから撤退(2022年3月1日)

 今回同社は、ロシアの軍事行動がウクライナの領土の一体性を侵害したことを遺憾に思うと声明を発表。国際的な対応を支持し、制裁措置を完全に履行することも宣言した。

 サハリン1の持分構成は、…

Links