private 【国際】エリクソン、5G接続の影響評価レポートを公表。IoT等のモバイルテクノジーは脱炭素化に寄与

Facebook Twitter Google+

 スウェーデンの通信機器大手エリクソンは10月20日、米マサチューセッツ工科大学(MIT)の技術専門誌「MITテクノロジーレビュー」で、エネルギー・電力・製造・輸送業界の脱炭素化におけるコネクティビティの影響評価調査レポート「Decarbonizing industries with connectivity and 5G」を発表した。  同レポートでは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】企業・NGO連合Exponential Roadmap、2030年までのCO2半減に向け36のソリューション提示

Facebook Twitter Google+

 気候変動緩和のための企業・NGOイニシアチブは9月19日、2030年までに世界の二酸化炭素排出量を50%削減するための36のソリューをまとめたレポートと、気温上昇を1.5℃に抑制するための提言を行うレポートを発表した。Exponential Roadmapには、世界自然保護基金(WWF)、エリクソン、Future Earth、Sitra Innovation Fund、Stockholm Resilience Centre、Miss [...]

» 続きを読む

【国際】国連、女性活躍イニシアチブを2つ発足。テクノロジー分野ではソニー等企業も参加

Facebook Twitter Google+

 女性の地位向上分野の国連機関UN Womenは9月14日、テクノロジーやイノベーション領域での女性の活躍を推進するイニシアチブ「Global Innovation Coalition for Change(GICC)」を発足させた。同イニシアチブには、企業、教育機関、NGOなど22団体が参加。参加企業は、SAP、シスコ、デル、エリクソン、フェイスブック、LinkedIn、GE、ソニー、HP、ジョンソン・エンド・ジョンソン、スタトイル [...]

» 続きを読む

【イギリス】「国連ビジネスと人権に関する指導原則」に対応した世界初の人権報告フレームワークが誕生

Facebook Twitter Google+

 国連ビジネスと人権に関する指導原則(以下、UNGPs)に沿った人権の取り組み状況に関する世界で初めての包括的な報告フレームワーク、"The UN Guiding Principles Reporting Framework"が開発され、2月24日にロンドンで公表された。  同フレームワークを開発したのはUNGPsの研究機関であるShiftおよび、グローバルアカウンティングファームのMazars(マザー)で、18カ月に渡り研究、協議を [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る