private 【国際】サステイナリティクス、新興国株のセクター別ESGリスク分析結果発表。リスク低減投資戦略も

Facebook Twitter Google+

 ESG評価世界大手蘭Sustainalytics(サステイナリティクス)は8月19日、新興市場株式投資におけるESGリスクエクスポージャーの分析結果を発表した。同社はESGリスク低減に向けた投資戦略についても言及している。  同社はまず、国際通貨基金(IMF)が発表した世界経済成長予測の下方修正に着目。IMFの直近では、2019年、2020年のグローバルでの実質GDP成長率をそれぞれ3.2%、3.5%と予測したが、これは4月時点の予 [...]

» 続きを読む

【国際】米JPモルガン、世界初の新興国債券ESGインデックス「JESG」リリース

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手米JPモルガンは4月18日、世界初の新興国債券ESGインデックス「JP Morgan ESG index(JESG)」をリリースした。インデックス開発では米運用大手ブラックロックも協力した。インデックスの運用は、JPモルガンが単独で行う。  JESGは、JPモルガンの既存の債券インデックス「EMBIグローバル」「GBI-EMグローバル・ダイバーシファイド」「CEMBIブロード」の3つに対し、発行体のESG要素を考慮してウ [...]

» 続きを読む

【国際】Vigeo Eiris、新興国市場のESG優良企業上位70社を発表。ブラジルが最多の11社

Facebook Twitter Google+

 ESG評価機関大手Vigeo Eirisは6月7日、同社が開発した企業評価手法「Equitics」による新興国市場の企業ランキング「Emerging Market 70 Ranking」を発表した。新興国31ヶ国の企業850社以上の中から、上位71社を選定した。  ランキング選定に使用された手法「Equitics」は、ESGに基づく330項目で企業を分析する。除外業種はない。社会的責任に関わる倫理的な問題を抱える企業で、かつ是正措置 [...]

» 続きを読む

【国際】IFCとアムンディ、世界最大の新興国グリーンボンド・ファンド設定で合意

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループの国際金融公社(IFC)とフランス運用会社アムンディは4月21日、世界最大の新興国市場を対象にしたグリーンボンド・ファンド「Green Cornerstone Bond Fund」を設定することで合意した。ファンド規模は20億米ドル。IFCは選考を実施し、アムンディをパートナーに選んだ。  世界全体でのグリーンボンド発行額は2016年に1,000億米ドルに達するなど活発化してきているが、新興国では依然少数の銀行しかグ [...]

» 続きを読む

【国際】新興国市場の企業ほどサステナビリティを成長戦略として重要視

Facebook Twitter Google+

Grant Thornton社が先月公表した2,500社以上の企業を対象とするサステナビリティに関する調査レポート” Sustainability: Changing The Debate In Emerging Markets”によると、ラテンアメリカやアフリカといった新興市場の企業は、北米やヨーロッパなど先進国市場の同業他社と比較すると約2倍もサステナビリティが事業の成長にとって重要だと考えていることが分かった。 同レポートによる [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る